UrawaなRedsにdelicious live

レッズのコト、ごはんや音楽のコト

J1 home vsFC東京 20170819

いつもFC東京戦は相性がいいと言う割に、いいことも悪いことも含め、大体何かが起こる。
そして色んな事が起こる割になぜか勝利はレッズの方に転がってくる…なイメージです。

選手のコメントやサポの意見を聞いてると、FC東京側が勝手に苦手意識を持ってくれてるような感じであり、ここ2,3年はまさにそのおかげで勝ててるような気がする。

特に埼スタは、基本アウェーチームの方がいいスタジアムと多い観客でモチベーション高くていい試合をしてしまい、レッズが苦戦するパターンが多いのですが(よくミシャがコメントしてましたね(^^;)。

逆にレッズは少ない観客の方がいい試合をするイメージがあり、本来今日のように多くのことが懸かった大事な試合においては良くない結果になりそうな感じのはずなのです。


その意味で、今回も雷が通って試合開始時間が遅れたという事が起きました。

結果的に3万1千人超入ったのですが、あの狭苦しいアウェーサポエリアでさえポツポツ空白があったように見えましたし、天気悪くて開始が20時になってしまえばそりゃ出足も悪いし早めに帰る人も出てくるよねと。

その客の少なさや疎ら感がレッズに味方した…は邪推でしょうか(^^;)



試合内容はかなり良くなったと思います。

私がスゴく大事な試合だと言ってた理由の一つ、今後に向けて堀監督のカラーをもっと出す…は慎三からラファに替えて明らかなカウンター要員として使ったり、武藤から矢島に替えてツートップ気味にする、という辺りに出てたので満足です。
矢島は5-3-2にしたと言ってましたね。

これはミシャ時代にはほぼありえなかったんじゃないでしょうか。

もちろんまだまだ不器用なので守備が最後の方良くなかったし、ラファや矢島が決めきれていれば作戦成功となっていたのでしょうが、いずれにしてもリスクを負って新しいやり方にチャレンジすることが大事なのです。

そして、ここ数試合で改善が見られていた迷いの少なさ、シンプルなシュート、守備意識の高さは継続できてました。

阿部ちゃんをいつ休ませるんだろう?問題は持ち越しとなりましたが、青木を使えたことで希望が見えてきました。
青木は明らかに堀監督のスタイルの方が合っていると思います。
中盤広いスペースの面倒見たり、フィルター役をするのにまさに最適ではないかなと。

菊池はまだまだ課題が多いとは思いますが、プレー自体は大分試合勘も戻ってきてこなれた感じになってきました。
やはり彼の長所は走力とその持続性、攻撃性能ですね。
彼のところであまり交代の必要性が無いかもというのは、他のポジションで柔軟性を持つことが出来るメリットもありますし。

守備に多少目をつぶって4バックのサイドバックとか試してみても面白いと思います。


マウリシオ、航、槙野のスリーバックはまずまずだったとは思いますが、やはりもう1人高さのあるちゃんとした?ディフェンダーが欲しいですね。

もちろんさらにスピードがあって危機察知能力も高くて…なんてそうそういないとは思いますが、今のままだとやはりパワーと高さ不足かなと。
田村がベンチに入っていたので期待できるのかもしれませんが、ここを8/31までにカバーできるのであれば、ぜひやって欲しいです。

クラブはそれを理解してちゃんと探してるのか?
不安はかなり感じますが…


また、降格圏内と近くのチームは直接対決だった広島以外は全部負け、残り11節で16位チームとの勝ち点差は17と広がりました。
そして勝ち点40まであと4とだいぶ見えてきました。
一時期ちょっと不安がありましたので、少しホッとしました(^^;)


次はまた中3日でACLです。

今回の試合ではかなりチャレンジを感じたので良かったですが、次の試合もそれを忘れず、ACLのアウェーだよという事をしっかり理解した試合をしてほしいと思います。


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

縦割り行政

レッズのオフィシャルサイトで紹介されているグッズが、スタジアムで売り出すとなってたのですが、他にはどこで売ってるかの明記がありませんでした。

オンラインショップやレッドボルテージのサイトを見てもすぐには見当たらなかったので、オンラインショップの問い合わせフォーマットで問い合わせてみました。
土日も営業してるとのことなのでまぁいいかなと。

そして土曜の今朝帰ってきた返事が…
「関連部署に問い合わせして火曜に返事します」と…

う〜ん…マジか…と思ってしまいますね(>_<)

私はおじさんなので、オンラインショップはレッズから委託されてる別会社なのかなとか、問い合わせした部署はレッドボルテージとかとは関係ない部署なのかなとか勝手に想像しますが、そんなこと大半のユーザーには全く関係ありません。

どこも基本同じものを売っているショップのメイン通販サイトとして、どこでそれをいつからいつまで売っているとかを全く把握してないってことなの?と思います。

だってここ数年オンラインショップ限定ですよとか囲い込みだけは普通の会社的に立派にやってるじゃないですか(^^;)

同じ会社だとしても違う商品を売っているなら分かりますけどね。


こういうことに限らず、レッズにチケット関連で問い合わせしたり、社長他色んな方の発言を聞いてもこんな感じです。
今はお役所ですら対応が変わってきてる時代に、エンタメ、サービス会社であるはずのレッズがこれ?と。

いやいやこんなの当たり前すぎで今さら何言ってんですか?だいぶこれでも良くなったんですよ…と突っ込まれそうですが(^^;)


やっぱり気付いた度に指摘しないといけないと思うのです(もちろん聞いてませんが(^^;)
ひょっとしたら今ので満足していると思われているかもしれないし(^^;)

レッズに気付いて欲しいのは(当然気付いてるはずですが)、あらゆるサービス・エンタメがあふれてる中で、こんな程度のことは他のサービス・エンタメの会社は出来ているのが当たり前の前提で土俵に乗って競争してます。

こんな状況でましてや休日の行動が規制されるシーチケなんて、もはやボランティアか?とすら思うのです。


バブリーな時代に片足突っ込んでた私ぐらいのおじさんでもそう思うのだから、今の20代から30代前半くらいの大半の方々はレッズのことを気にも留めないでしょう。

若い方々はこんな些細なことでも、じゃあ他の遊びでいいや、となってしまうはずです。

そして誰も文句すらほとんど言わず、いつの間にか他の遊びで十分満足〜となってるんじゃないかと。

未だにWIFIすらない埼スタ、ゴール裏スタンドの屋根問題も全く聞かなくなりました、アクセスは一向に改善されない、センスのかけらもないグッズ、もうサービス面では問題だらけのはず。


もうけ主義に走るのは営利企業として当然だと思うのでもっとドンドン上手くやればいいと思う一方、であればサービスが酷すぎでしょう。

私は誘われたこともあり、レイソル戦よりPASSPO☆を選ぶかもしれません。
シーチケの判断もこの前より更新しない寄りになったんじゃないでしょうか(^^;)


追記:上記のグッズですが、よ〜くよ〜く見てみれば、レッドボルテージのサイトに店で売ってることが出てました。
行ったら売ってたので買いました。
文句の数々、大変申し訳ありませんでしたm(_ _)m

クリックしてね(^^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

今こそ思い切った手を

今週から1ヶ月ちょいくらいは、ほぼ週中にカップ戦があり、週末もリーグ戦があるというこれまでにも増して厳しい日程になります。

先月終わり頃も似たような事を言いましたが、ここまではとにかく結果優先、堀監督としては微調整でやらざるを得なかったと。

そして、スルガ銀行CSも榎本とマウリシオをフル出場させたぐらいが変更点で、堀監督が徹底してきたコンパクト、守備意識の強化に割かれてたようです。
やり方そのものはほぼ変えてないように見えますが、現在のチーム状況では仕方なかったかなとも思います。


ですが、ここからはそうはいかないはずです。現実的な問題として、リーグ、ACLルヴァンカップ天皇杯のプライオリティーがあります。

もちろん監督も選手たちも言葉では全部勝ちに行くと言うでしょうが、ここまで使える選手層を厚くする努力を怠ってきた弊害があるので、現実的には優先順位を付けざるを得ないでしょう。

さらに今は那須や青木が出れなくて、トシ、司、慎三あたりも万全でなく、陽介も甲府戦で体調不良、阿部ちゃんはヘロヘロに見えます。

これで中3日、中4日を似たようなメンバーで同じような戦い方をしたらほぼ自殺行為ですね。しかもまた暑くなってくるでしょうし。


さらにこの数試合で気になるのは、最後の方が押されすぎでカウンターできそうな雰囲気もないこと。
守備で武藤やズラの負担が重く、ラファはまだ現時点でシャドーの守備タスクは厳しい。

本来ならラファはシーズン当初のようにワントップ気味に使って守備の負担を軽くしてあげるか、ゲーム途中からカウンター要員で使ってあげるのが本人のストレスも軽くて済むと思うんだけどなぁ(^^;)

試合の最後の方は特に前3人に無理があり、そもそもコンパクトにするのが大変な戦い方なので、単純に中盤5人にして前は2人っていう普通の戦い方に出来ないだろうか?

ラファだけでなくトシ、ズラ、アド、司とかそれに合っている選手も揃ってるし。
トップ下なら陽介だけでなく矢島や長澤も司も駒井も出来るだろうし。
前半から後半途中まではトップ下がシャドーに入ればミシャ式もできるでしょうし。

言い方は悪いけど、前後分断、ドン引き、省エネ、結果的には前回のFC東京戦も似たような感じになってるし。

そんな戦い方を意図的に兼ねるようになれば、ミシャ式も生きるようになるだろうし、相手がレッズのパスの出す先にも迷うようになるんだろうけどな〜
もうミシャ式の楔パスは完全に狙われてるし読まれてるもんね。


で、そういった、やり方変えて文句を言われることも厭わないとか、変えることでリスク取るような戦い方も取り入れて初めて堀監督の色が出てきたといえるし、半年間の中継ぎ泥かぶり役だけじゃないよって主張できると思うのです。

それが無く、ほぼ無難なことしかやらないなぁとなった場合、堀監督が半年間の泥かぶり役を受ける代わりにその後のコーチとか何らかのポジションをほぼ約束されてるようなサラリーマンに見えてきてしまい、結果でクビになってしまう世界とは縁遠い人なんだなぁとなってしまうわけです。

選手はもちろん不満を口にしませんが、あからさまなゴマすりっぽいコメントが聞こえてきたら要注意です。

よく聞く周○の土○コーチへのコメントなんかはまさにそれにしか聞こえません(^^;)
(あ、周○を非難してるわけじゃないです。選手は全員結果でどうにでもなってしまう存在なので、なが〜くコーチを務めてる方へのそういったコメントは生き残る手段として当たり前だと思います)

そういったコメントが多くなったり、ACL圏内も降格もなくなったり、ACLルヴァン天皇杯も無いよとなった場合、選手のモラルもモチベーションもガタ落ちになってしまう危険性があるわけです。

レギュラークラスの選手はまだいいと思いますが、ベンチ入り可否前後の選手は相当ヤバいでしょう。
田村はレンタルで来て今の状態では、何を心の支えにすればいいのやら…


いつも似たようなネタでスイマセンm(_ _)mけっこうかぶってますね(^^;)

次のFC東京戦とACL川崎戦は、今シーズンを決めてしまうかもしれないスゴく大事な試合です。

メンバー、戦い方、皆の振る舞いまで大注目で見ようと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スルガ銀行CS vsシャペコエンセ20170815

埼スタ行けず、試合も見れませんでした。

結果としてタイトルが取れた事は良かったですね。
堀監督は、色々と試したいことや、FC東京戦を見据えたコンディションとのバランスで苦しんだと思いますが、どっちつかずになって結局タイトルも取れなかった…よりはるかに良い結果だったと思います。

タイトルを取ることは選手の士気や自信に繋がりますし、今の選手たちに一番必要なものだったかもしれません。

個人的にはもっと実験的なことをやって欲しかったですし、6人交代できるのに実質的に3人しか交代しなかったこと、ヘロヘロの阿部ちゃんや陽介をフル出場させてしまったことは、えっ?と思いましたが、阿部ちゃんや陽介がいる中で試したいことを試した…と解釈しました。
確かにそうしないとなかなかフィットできないかもしれないし。
私が思うより2人のコンディションがいいのかもしれません。

そして、榎本とマウリシオがフル出場したのも収穫でしょう。
榎本はレギュラーメンバーとで出たことはほとんど無かったと思いますし、今のチーム状況では周作の優位性が薄らいでますし、周作もいい気分転換になったでしょう。
これからも4,5試合に1試合くらいは使った方がいいと思います。

マウリシオはみなさんコメントされてますが、どちらが利き足か分からないと。
ということは両サイドストッパーもできるのかもしれませんし、いいボールカット等もあったようです。
Jリーグを1試合やってみないとなところはまだありますが、ひとまずディフェンダー少なすぎ問題は回避されたように思います。

那須が戻ってきたらいよいよ遠藤はボランチをやるかもしれませんし、青木も戻ってきて陽介や阿部ちゃんへの過剰な負担も解消できるかもしれません。

そういったいい循環にしていくためにも、まずは最低限の結果の継続が欲しいですね。

今のチーム力や攻撃力、コンディション等を考えると勝ちきれなかったり負けたりするゲームもあると思いますが、チームのバランス点を探しながら色んな事も試していく必要があるという状態では、ある程度の結果の犠牲はやむを得ないと思います。
あれだけ崩れてしまったチームを立て直す事は容易ではありません。
それこそポドルスキが入ってきたわけでもありませんし。

サポも我慢強く支えていく必要がありますね。

何回も言って申し訳ありませんが、堀監督はドンドン試行錯誤してほしいし、クラブがどういう現状把握をしてどういう処方箋を出してくるのかをずっと注目します。

クドいようですが、クラブは堀監督に泥かぶり役を押し付けたわけじゃないことを、分かりやすい形で早く証明して欲しいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

元気を救い、レッズを救いませんか?

元気の状況が芳しくありません。ヘタすれば飼い殺しもありうると。

ヘルタにそこまでの余裕があるとは思えませんが、ドイツの方はこうと決めたらテコでも動かない…のイメージもあり?完全な飼い殺しまではいかなくとも、ベンチ入りすら大変になる可能性は十分にあります。

今の時点では、プレミアからオファーが来る賭けに負けた可能性が高いのでしょう。
こういう事はよく起こることで、慌てた方が良くない…も確かにいえることです。


ですが、来期ほとんど試合に出られないかもしれないのは、元気の年齢やワールドカップのタイミングを考えるとあまりにも痛いです。

関根の移籍の件でも言いましたが、試合に出られなくては海外に移籍した意味がありません。

ましてや元気は、練習から海外の厳しい環境でやれば成長する…とか言ってられる年齢ではありません。
試合に出て結果を出す事が全て、の年齢なのです。


ちょっと冷静になる必要があるのは、元気はプレミアの中堅クラブですら、移籍金を払ってでも獲得したい選手とは言い切れない…という状態だということです。
実際の能力がそうなのかとは別に、評価がそういうことなのは冷静に受け止める必要があります。


そこでどうでしょう、レッズが元気を救うべくオファーを出すというのは…

ヘルタも過去に所属した日本のチームが助けるためにオファーを出してきた…ということなら移籍金を多少減額してくれるかもしれません。


そしてレッズ側の事情としては、個人の打開力が関根の移籍によってちょっと厳しくなったことと、ミシャが監督ではなくなったことで多少は個人能力依存へシフトする素地が出来たということ。

ディフェンスが仮に今の感じだったとしても、ラファと元気のツートップ陽介トップ下の攻撃なら相当な破壊力で、守るのもかなり楽になるのでは…と想像します。

これなら戦術的にも優しいですし、慎三や武藤をローテーションで使えることでコンディションも良くなるかもしれませんし、元気はもちろんすぐフィットするでしょうし基本いいことづくめかなと。


問題は…レッズがそこまで気を回せるかと、元気が意地を張ってしまうかどうか。

カネの問題はあまり無いんじゃない?ミシャが経営の安定化に貢献してくれたんでしょ?と。

皮肉じゃないですよ、皮肉じゃ…(^^;)


クリックしてね(^^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

マイナス1人

最近人数ネタをやってしまった以上、これはやらざるをえないでしょう。


池田コーチと山田コーチがトップチームへ。

関根が退団。


これでミシャ退団後の(トップチーム)出入りはマイナス1人となりました。

先日の「マイナス2人」の時に堀監督のサポートが足りない!と文句を言いましたが、さすがにそのままということはありませんでした(^^;)

堀監督の相談役や緩衝役ができたことは嬉しいです。
選手達の相談役もしてくれるかもしれませんし、これで少しはプレッシャーが軽減されるでしょう。

ただ、お二方には失礼で大変申し訳ありませんが、正直人数合わせの感が否めません。


なぜならクラブが言うように、堀監督が短期ではなく来期以降も指揮を執ることを念頭において練られたものであるなら、監督発表時にコーチも発表されるべきだと思うのです。

決してミシャを札幌戦の采配を見て慌てて解雇したわけじゃないよ〜、堀さんに半年だけ中継ぎで泥かぶり役をよろしくしたわけじゃないよ〜、ってことを少しでも早く宣言する必要がある中では、レッズ内の手っ取り早い人事異動にしか見えません。

まだその辺りを払拭する手が何も打たれてないので、今のままでいけばまた5年半前と同じ醜態を晒してしまうのでは?と疑念を持ってしまいます。


こういうのって選手は敏感に感じ取ります。

悪く言えば堀さんをなめる選手も出てくるかもしれませんし、ACLも降格もないとなったら来年に向けてのアピールに走りすぎるかもしれません。


甲府戦で関根を使ったことも、今後のチームにとってはマイナスになってたかもしれません。


1つには、慰留を断って移籍した選手には挨拶の機会が与えられて、5年半も大変な貢献をした監督とコーチには全くそんな雰囲気すらないというアンバランスさがとてもおかしいと思うこと(口では中興の祖とまで言ってるのに)。


もう1つには、万が一関根が大変なミスをして負けてしまい、大宮も札幌も勝って差を縮められるというシナリオもあり得たということ。

そして今の時点ではもう関根はレッズに関係ない人間で、後日レッズが降格しても関根には何の影響もありません。

むしろ、そんな雰囲気が出てくるだけでも関根には余計な心理的負担になりかねません。


もちろん堀監督は聞かれれば勝つために使ったと言うでしょうし、実際もたぶんそうだと思います。

駒井のコンディションがあまり良くないのかもしれません。


ただ、もし今後のレッズのこと、控え選手のモチベーション、チーム内のモラル、堀監督の考え方の浸透を最優先に考えるのであれば、関根をベンチに入れないという手が十分に考えられたと思います。

それだけ選手や周りが堀監督の一挙手一投足に注目してます。
ベンチに入るかどうかの選手にとっては死活問題ですし、できれば他の選手をベンチ入りさせて、できれば使って欲しかった。

それが率直な意見です。



まあFC東京戦になれば、もうちょっと堀監督のポリシーが出たメンバーや戦い方になると思いますし、勝ち点40位まで行けばさらに変わってくると信じたいです。

ただ、ミシャの作った基盤を壊さない範囲で、また選手のモチベーションを維持しながらでこれをやっていくのは、さじ加減含めてかなり難しい作業になるだろうなぁと心配します。

サポとしては、その辺りを見守りながらもしっかりチームを応援していきますが、クラブの打つ手にはもっと厳しい目で見ていきたいと思います。


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

クリックしてね(^^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

J1 away vsヴァンフォーレ 20170809

見たのは得点シーンだけです。

菊池を続けて使うのは驚いたけど、あるかもとは思ってました。

むしろズラタンがベンチにも入らないのはホントに予想外。
確かにこの前最後に足痛めてたけど…

長澤はケガでもないんだろうか。よく分かりません。


陽介のアイデア・技術はやっぱりスゴい。改めて典型的なトップ下だよなと。


この試合までは、堀さんとしては微調整で結果を出すことに集中したということでしょう。

シャペコエンセ戦はガラリと変えて、実験的にするかもしれません。

そして、その次のFC東京戦でどうしてくるか。これで堀監督としての考え方や覚悟・決意がもっと明らかになるでしょう。

そのさじ加減が難しいんだけどね…


色んなコメント見てると、甲府は吉田監督になってから、レッズを悪い意味でリスペクトしてくれるようになったような気がします。

ここまでフラフラのレッズが甲府で1-0で勝てるとは正直思いませんでした。

大宮、札幌が負けてる中、助けられた感がありますね。

皆で力を合わせて頑張っていれば良いことがある、ということかもしれません。


次からも1つ1つ地味に勝ち点拾っていきましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村