Urawa Redsとdeliciousなlive

レッズのコト、音楽と車のコトをおいしく

マイナス1人

最近人数ネタをやってしまった以上、これはやらざるをえないでしょう。


池田コーチと山田コーチがトップチームへ。

関根が退団。


これでミシャ退団後の(トップチーム)出入りはマイナス1人となりました。

先日の「マイナス2人」の時に堀監督のサポートが足りない!と文句を言いましたが、さすがにそのままということはありませんでした(^^;)

堀監督の相談役や緩衝役ができたことは嬉しいです。
選手達の相談役もしてくれるかもしれませんし、これで少しはプレッシャーが軽減されるでしょう。

ただ、お二方には失礼で大変申し訳ありませんが、正直人数合わせの感が否めません。


なぜならクラブが言うように、堀監督が短期ではなく来期以降も指揮を執ることを念頭において練られたものであるなら、監督発表時にコーチも発表されるべきだと思うのです。

決してミシャを札幌戦の采配を見て慌てて解雇したわけじゃないよ〜、堀さんに半年だけ中継ぎで泥かぶり役をよろしくしたわけじゃないよ〜、ってことを少しでも早く宣言する必要がある中では、レッズ内の手っ取り早い人事異動にしか見えません。

まだその辺りを払拭する手が何も打たれてないので、今のままでいけばまた5年半前と同じ醜態を晒してしまうのでは?と疑念を持ってしまいます。


こういうのって選手は敏感に感じ取ります。

悪く言えば堀さんをなめる選手も出てくるかもしれませんし、ACLも降格もないとなったら来年に向けてのアピールに走りすぎるかもしれません。


甲府戦で関根を使ったことも、今後のチームにとってはマイナスになってたかもしれません。


1つには、慰留を断って移籍した選手には挨拶の機会が与えられて、5年半も大変な貢献をした監督とコーチには全くそんな雰囲気すらないというアンバランスさがとてもおかしいと思うこと(口では中興の祖とまで言ってるのに)。


もう1つには、万が一関根が大変なミスをして負けてしまい、大宮も札幌も勝って差を縮められるというシナリオもあり得たということ。

そして今の時点ではもう関根はレッズに関係ない人間で、後日レッズが降格しても関根には何の影響もありません。

むしろ、そんな雰囲気が出てくるだけでも関根には余計な心理的負担になりかねません。


もちろん堀監督は聞かれれば勝つために使ったと言うでしょうし、実際もたぶんそうだと思います。

駒井のコンディションがあまり良くないのかもしれません。


ただ、もし今後のレッズのこと、控え選手のモチベーション、チーム内のモラル、堀監督の考え方の浸透を最優先に考えるのであれば、関根をベンチに入れないという手が十分に考えられたと思います。

それだけ選手や周りが堀監督の一挙手一投足に注目してます。
ベンチに入るかどうかの選手にとっては死活問題ですし、できれば他の選手をベンチ入りさせて、できれば使って欲しかった。

それが率直な意見です。



まあFC東京戦になれば、もうちょっと堀監督のポリシーが出たメンバーや戦い方になると思いますし、勝ち点40位まで行けばさらに変わってくると信じたいです。

ただ、ミシャの作った基盤を壊さない範囲で、また選手のモチベーションを維持しながらでこれをやっていくのは、さじ加減含めてかなり難しい作業になるだろうなぁと心配します。

サポとしては、その辺りを見守りながらもしっかりチームを応援していきますが、クラブの打つ手にはもっと厳しい目で見ていきたいと思います。


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

クリックしてね(^^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村