UrawaなRedsにdelicious live

レッズのコト、音楽のコトをおいしく

デカければ勝つ?

サッカーほど勝つための方法が色々ありすぎで明確なものがなく、偶然に左右されがちなスポーツもなかなか無いと思う。

プロの選手たちはその確率を1%でも上げるために死ぬほど努力していて、監督によって方法論もバラバラ。

最終的にはゴールへいっぱいぶち込んだ奴ら勝ちっていう原始的な原則なんだけど、それをプロがたくさん金をもらって勝負するとなると、繊細なディテールの積み重ねと、ほんの少しのスキルや冷静さとかの差と運が勝敗を決めるっていう神経戦みたいなところもあるわけで…

ま、それがプロサッカーの面白さなわけですが。

さらにこれだけ長い間皆さんが知恵を絞ってると、そうそう画期的な戦術も出てきません。
確かにトレンドはありますが、オランダのトータルフットボールより衝撃的な戦い方はその後出てないと思います。

一時期フィジカルこそ全てで、20年後くらいからはアフリカの国が毎回ワールドカップを勝つんじゃないかとペレは言ったようですが、今のところそんな気配はありません。
ドイツとかが移民との融合で勝つようになった…とかぐらいですかね。


そんな中、マンチェスターユナイテッド(以下ユナイテッド)が、今年とんでもないことになってます。
エバートンからルカク(190cm)、チェルシーからマティッチ(194cm)を獲得し、去年大怪我していたイブラヒモビッチ(195cm)と再契約しました。
イブラは1月くらいからとのことですが、現実的に使えるラインナップとしてスゴいことが出来ます。

GKデヘア(192cm)、DFスモーリング(194cm)、MFマティッチ(194cm)、ポグバ(191cm)、フェライニ(194cm)、FWイブラヒモビッチ(195cm)、ルカク(190cm)
FW・MFのもう1人はクロスが上手そうなマタ(170cm)にしておきましょうか(^^;)
他にも185cmオーバーのレギュラークラスが何人もいて、しかも全員プレーヤーとしてハイレベル。
私はこんなチーム見たことありません。

これ、他のチームのパワープレーがノーパワーですっていうくらいのインパクトがあります。
(ちなみにレッズは一番高くてズラタンの186cm…(^^;)
セットプレーなんかマンマークでいったらミスマッチだらけ。
相手チームからしたら恐怖でしかないです。
フィジカルモンスターのフェライニを囮の囮くらいで使えちゃう…っていう贅沢さ。

そして、昔からのユナイテッド好きなら妄想するでしょう。
このチームにベッカムがいたらなぁって…(^^;)

ベッカムのクロスは全盛時とにかくスゴかったです。
ファンニステルローイは高いし全能タイプなのでベッカムでなくてもいっぱい点取ったでしょうが、ヨーク(182cm)とコール(178cm)の2トップだった時はタイミングとスピードなので、2人の高いDFに挟まれた真ん中にピタッと合うなんてこともありました。

もちろん当時とはサッカーの質もレベルも違いますが…このチームにベッカム的プレーヤーがいたらなぁと。
なのでモウリーニョペリシッチとかベイルとかウィング・サイドアタッカーを探してるってのはあまりにも理にかなってる話です。
今サイドをやってるラシュフォードはストライカーですしマタはゲームメーカーですし。

これが実現できたら、史上最も勝つ確率の高いチーム誕生!になるかもしれません。

私個人的にも早めにシンプルにサイドから…が大好きで、ダイナミックなやつを目の前で見ると感動しちゃいます。
(ちなみにミシャ時代のレッズにも、パス交換から逆サイドへ振ってそこからダイレクトが入って…みたいなプレーは見られました。やはり生で見るとスゴかったですね!)

もちろんサッカーはそれ以外の要素もてんこ盛りですが、勝つための方法が煮詰まってるように見える今のサッカーでは、1つの究極の答えのように思えます。

ユナイテッドが1点負けていて、最後デヘアも上がってセットプレイとか見てみたいな〜(^^)
とんでもない光景が見れそう。


そこまで考えると25年くらいぶりに(!)オールドトラフォード行ってみたくなってきました。

イブラヒモビッチが戻ってきてから後でJリーグが始まる前…だとけっこう絞られちゃうな(^^;)

ゆっくり考えてみます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村