UrawaなRedsにdelicious live

レッズのコト、音楽のコトをおいしく

BEST SELECTION Aimer

最近よく聴いているのがAimerです。

CDレンタルに行くと売れ筋とは違う店員オススメみたいなやつがあり、そういうのをチャレンジでいっぱい借りちゃう場合がありますが、まあ外れが多く(私にとって)、もちろんその中にたまに当たりがあるのが楽しみなんですが。

Aimerは以前からrecommendとかのコーナーに並んでましたが、なかなか手を出せずにいました。最近外れが続いていたこともあり。
そして半年くらい前にdaydreamというアルバムを借り、そこからハマってきました。
ホントに久々のrecommend大当たりですね。

音楽の感じは壮大で重めの曲が多く、これはそんなに好みではないんですが、それがハスキーというか聞きづらいしゃがれ一歩手前の声と組み合わされると独特な心地よさになっていきます。

改めて声は他の楽器を纏める楽器であり、違う歌手で似たように聞こえても好き嫌いが分かれていったり、同じ歌手でも声の質が変わったら急に冷めたり好きになったりっていうような微妙な(いい加減な)ものなんだなと思い知らされます。
陳腐な言葉で歌姫という呼ばれ方がありますが、Aimerはそんな資質があると思います。


前置きが長くなりましたが、そんなAimerの二枚組ベストがBEST SELECTIONです。
noirとblancという二枚それぞれにタイトルが付いていて、noirがエモーショナル、blancがバラードという性格付けがされてます。

私はdaydreamの1曲目に入っていたinsane dreamという曲の印象が強かったこともあり、最初にそれが入っているnoirを借りて、その1か月後くらいのつい最近blancを借りました。

個人的には、ベストアルバムで曲の性格によって分けるのはあまり好きではないです。
どうしても単調になりがちで、そういう分け方は個人の端末で好きなように編集すればいいんじゃないの?と思っちゃいます。

ただ、私がまだあまりAimerをたくさん聴いてないせいか、そんなに悪くないと思いました。
色んな人からの楽曲提供だからかもしれません。
といいながら、やっぱりランダムにして聴いてますが(^^;)

意外にもblancの方は耳ざわりの良いメロディーのものが多く、そこに売れている要素があるのかもしれません。
よく聴いたようなメロディーでも声に特徴があれだけあれば十分個性的ですし。
ただ、もっと世の中でいっぱい耳に入ってくるようになった時に微妙かもしれませんね。
あの声の質が新鮮な時は全然問題ないと思いますが。


気に入った曲が多かったのは、私にとってらしい方のnoirですね。
3.insane dream 7.凍えそうな季節から 9.ninelie
あたりはかなり素晴らしく、他の曲含め、Aimerらしさの炸裂が続きます。

blancの方は
2.蝶々結び 11.雪の降る街
が染み入る感じですね。

ベストだけに他の曲も素晴らしく、私のようにほぼ入門の人にはやっぱりベストの方が…とも思いますが、一方でアルバムdaydream
も良かったので、他のアルバムももう少ししたら借りてみたいです。


ホントは武道館のLIVE行ってみたかったですが、チケット取れなかったですね〜(^^;)
最初からちゃんと取ろうとして、取れなかったの久しぶりです。
それだけ人気も勢いもあるということでしょう。

しばらくはベストとdaydreamの2つをじっくり聴いて他の気に入り曲を見つけていきたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村