Urawa RedsとdeliciousなLIVE

レッズのコト、音楽と車のコトをおいしく

ワールドカップの価値

ワールドカップの画像の1番古い記憶は、マラドーナの大会と云われるメキシコですかね。
1986年ですから私は高校生です(^^;)
中学生までは野球少年で、高校に入ってからキャプテン翼の影響と坊主じゃなくなれるだけで(^^;)サッカーをかじった私にとって、マラドーナのプレーと、ワールドカップの雰囲気と、ネットで繋がってなくとも伝わってくる神の手の世界中の揉め方が衝撃的でした。

サッカーをやるのは高校だけですぐやめちゃったけど、ワールドカップは日本にとって別世界だったこともあって、毎回ものすごく興奮して見てました。
世界中のサッカー好きや、大袈裟に言えば出場国に関わる全ての人が、その時になったら一挙手一投足に大注目する。それぐらいの伝わってくるものがありました。
私が子供だったからかもしれませんが。


その風向きが変わった感じがしたのは、初のヨーロッパ南米以外になった1994年アメリカ大会。
気候が厳しく、コンディションが多分に影響するようになった感じがしました。

決定的だと思うのは日韓ワールドカップ2002年。
日本が出たり勝ったことそのものはもちろんすごく嬉しかったけど、いかに地の利があってコンディションが良いとはいっても、特に韓国4位はちょっと…

さらに2004年ユーロでギリシャが優勝したこともあって、タレントや国の権威よりも勢い、フィジカル、モチベーションがとても大事になってくる時代が確実に来たと思いましたね。

それはもちろんしょうがないと思いつつも、その頃からワールドカップとナショナルチームのサッカーに対しての気持ちは急速に落ちていきました。

逆に、1986年頃はユナイテッドとリバプールくらいにしか、しかもちょっとだけの興味だったクラブチームのサッカーに急速に惹かれます。
特に気に入ったのは90年代後半頃のユベントスとユナイテッドで、チームとしての機能性は絶対にナショナルチームでは出来ないものがあり、Jリーグが始まって地元のレッズを見ることと平行してプレミア、セリエAJリーグばかり見るようになってしまいました。

そして、2000年代に入ってCLが拡大してスケジュールがタイトになっていくと、クラブチーム対ナショナルチームの争いが激しくなり、CLの権威が増すと、相対的にナショナルチームの位置づけが落ちていきます。
放映料やCLの分配金でクラブは潤い、選手のサラリーと移籍金は跳ね上がり、国が召集したくても出来ない…な出来事も多くなりました。


こんな流れにさらにトドメを刺してきたのが2022年のカタール開催と、その後の出場国48への拡大です。

カタール開催はもう全く意味不明。未だに冬開催含めて検討中…ってもう5年後なんですけど。
冬にやるならやるで、その年の世界中のサッカーカレンダーを調整しなきゃならないだけじゃなくて予選を始めるタイミング含め…
ってやることいっぱいありすぎるうえに、そんな簡単に、あらゆる利権が絡んでいるスケジュールがベストの位置に設定出来るわけない…ということは異論反論文句が盛大に噴出するわけで、それを調整するだけでも気の遠くなるような作業になるはず…(;´Д`)
夏にやる前提だった空調完備のスタジアムでやる…がそもそも不可能なんだったら、その時点で他の開催地にするべきだったのです。
今の時点では、どんなオチになっても最悪のワールドカップになる予感しかしません(^^;)
ひどい流れの先にあるうえに…

出場枠が48に広がることに肯定的意見が意外に多いことにも驚きです。
そういう人たちの根拠として、ワールドカップに出ることが後進国の発展に繋がる…は確かに分かりますが、それイコールワールドカップの魅力の著しい減退になると思うのです。
後進国の発展はワールドカップ以外でやればいい。
スケジュールの問題はひょっとしたら今ぐらいの状況で収まるのかもしれませんが、ただでさえ先進国にはハード過ぎるスケジュールなのに、そこでコンディションもモチベーションも最高の後進国によるジャイアントキリングがそれなりに起きてしまったら、ワールドカップの魅力が吹き飛んじゃいます。
それで負けるなら所詮その程度なんでしょ?っていうのは違いますね。
ワールドカップの魅力は、世界中の煌めくタレントが国の威信をかけて争うことによる興奮が唯一無二の全て、と言っていいと思います。
今の時点でもその魅力がかなり減退してるのだから、やるべき事の順番が違いすぎです。

まずはあまりにも多すぎるインターナショナルウィークを減らし、その上でクラブチームの試合数を協力してもらうことで、ワールドカップをもっと余裕のあるスケジュールで出来るようにすることが先決のはず。
言い方を変えれば、自腹を切ったうえでUEFAに頭を下げるしかないでしょ?と。
もうこの力関係は覆せないです。
個人的案としてはユーロやANC、アジアカップがワールドカップの予選を兼ねる…がありますが。

それが出来ないなら少なくとも拡大の選択肢はありません。
拡大以外のあらゆる手を探っていくしか道はないです。

この凋落傾向に歯止めをかけるには、もはやカタール開催が誰の目にも大失敗でした…とかFIFAのもっとスゴいスキャンダルが出てきました…とか放映権が全く売れませんでした…とかとんでもないトラブルが起きないとかもしれません。
オリンピックもまあ酷いと思いますが、ワールドカップはそもそもがプロだから、もうちょっとマシな解決策があると思うんですけどねぇ…(^^;)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村