美味しいLIVEを味わうDIARY

レッズのコト、音楽と車のコトをおいしく

残念な結末

近年の日本クラブの不振を受けて、日程に工夫したりとか、色々と協会やJリーグがアシストしてくれてるのは分かるんだけど、2,3年前頃にはクラブももっとしっかりACLに取り組まないと的な趣旨の発言があったのを覚えてます。
サッカー協会やJリーグにとってもACLでは少なくとも日本のクラブが好成績を収める必要があり、だからこそルヴァンの予選が免除されたり、日程的に配慮されたり等があるんだと理解してます。

そういう背景がありながら、協会に雇われてる身のはずのハリルホジッチが、レッズが全力でACLファイナルに挑めない状況を作ってしまうことが納得できません。
協会の意向を汲めないのならクビにすればいいだけじゃんと思いますが、この前の会見でも言ってたように、私にとっては代表がホームで招集する権利がある…とか言ってみたり、とてもじゃないけどクビにされるかもしれない人の発言とは思えないわけです。
だからハリルホジッチに弱みでも握られてるのか?とか既にクビに出来ない契約になってるのか?とか違約金がメチャメチャかかっちゃうのか?とか疑念を持ってしまうわけです。
ウソかもしれないにしてもそれに近い記事が出てましたし、むしろその記事を否定する方が難しい状況ではないかと。

それがホントなら、少なくとも協会にこの状況を作ってしまった責任があるわけで、世間に対してJリーグのチームがACLで優勝できない、弱い責任の一端が協会にあることを謝らなくてはなりません。
西野さんがレッズに来て説明したとかありましたが、責任逃れのために真相をウヤムヤにして闇に葬りたがってるとしか思えません。

協会が雇ってる立場ならば、5人招集したにしてもブラジル戦だけで返す、ずっと拘束するにしてもブラジル戦しか使わない、ベルギー戦は少ししか使わないようにと指示出来るはずです。
それをしないなら協会は全くACLに対してやる気が無いと取るのが普通かなと。
どんなに贔屓目に見ても特に慎三と周作を使わなかったことは、浦和の事を考えてる、とはほど遠いのは誰の目から見ても明らかなので、要は協会もJリーグもレッズも舐められてるんでしょ?と。
こうすればクラブチームがとっても困ることは、誰よりもハリルホジッチ本人が一番よく分かってるのだから。

この不始末の責任者はACLの結果とは全く関係なく責任の重さに応じて処分されるべきで、これが闇に葬られるならレッズや他のチームに科せられた今までの他の処分も全て協会の責任で無かったことにするべきです。

だからACLでレッズやフロンターレに対してあれほど酷い判断が下っても何も出来ないし発信も出来ないんでしょう。
事なかれ主義、でも組織の下の方に対してはムチャクチャ強気。
少なくとも今後Jリーグの観客が減ったり日本のサッカーが衰えていったらその責任は100%日本のサッカートップにありますね。それだけは間違いありません。
問題はそうなったとしても、彼らは全く痛くもかゆくもないところですかね。
立場が脅かされでもしない限りは反応してくることは無いと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村