美味しいLIVEを味わうDIARY

レッズのコト、音楽と車のコトをおいしく

Jリーグの問題 その1

去年はDAZN元年で、Jリーグにとって今後を占う大切な年でした。
リーグ戦全体としては盛り上がったかなと思いますね。まあ、良くも悪くもJリーグは実力拮抗で、コンペティションとして面白いなぁといつも思いますが。

1シーズン制にしたのももちろん正解です。そもそも2シーズン制で分かりにくいプレーオフ制度にしたのが、スポンサーが付いてくれた以外意味無しです。というか改悪。
しかも結局全然盛り上げないし、やるならやるで全員が意思統一してがんばらなきゃなのに、トップは責任逃ればかり(^^;)
イメージ悪くしたスポンサーへの責任も取らないし、だったらやらなきゃ良かったのに。
未だにプロ野球が続けるのもひどいです。

こう言っちゃ何ですが、Jリーグがいかに自分達で集客を高めたり、金を集めたり出来ないかを証明したようなものでしたね。
DAZNは棚ぼたのようなものに見えちゃいます。

私的にはJリーグ護送船団方式なのが結局問題だと思ってるけど、護送船団方式をやってるならやってるで、もっとそのメリットを生かしてJリーグ全体をアピールしないとさ。
まるで、すでにサッカーの文化が根付いてるかのような素っ気なさ。

権利商売をするならするで、各チームに代わって色んなプレゼンテーションをしないと、まだまだ日本でメインのスポーツになれてないのに、今のでは全くダメでしょ。

ポドルスキのコメントじゃないけど、ACL優勝より競馬だからね。
浦和ですらパレードもやらない。興味の無い市民から文句言われるからでしょ。
Jリーグチャンピオンとプロ野球の日本一では圧倒的にプロ野球が知られてるし、そりゃスポーツ新聞とかテレビの扱いが全く違いすぎる。
それだけ国民の関心がものすごく低いってことですね。

サッカーは野球よりかなり試合数が少ないんだから、1節ごとに色んな仕掛けをやるとか、いくらでも出来そうなものだけど。totoだけじゃなくて、もっとワクワクさせる仕組みを作れば良いのにね。

色んなアイデア護送船団方式じゃ出ないってとっとと結論付けて、各チームにやらせないと。
今だとアイデア出さなくてもソコソコ生きていけるし、そりゃ努力しなくなるよ。

Jリーグ監査法人みたいに経営状態とかをチェックするだけの団体にすればプロらしい競争に少しはなるんじゃないかな。基本プロは弱肉強食にしないと。
DAZNから早く見切られて、Jリーグがピンチとかにならないと無理かな(^^;)

メリットを全く生かさず、デメリットばかり目立つ護送船団方式を続ける意味が全く無い。
護送船団方式でみんなで一緒に沈没しようという事でしょうか。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村