美味しいLIVEを味わうDIARY

レッズのコト、音楽と車のコトをおいしく

Jリーグの問題 その2

前回護送船団方式の問題についてやりました。

そこでもDAZN等のスポンサーについて触れましたが、今回はそこにフォーカスです。


一番不思議なのは、現ルヴァンカップ、旧ナビスコカップを提供してくれている山パンさんが、相変わらず毎年冠スポンサーになってくれていることです。

決勝だけでしょ、みんな見るのは。

特に予選リーグの注目度の低さは驚異的で、ホントにこれで山パンさんに満足して頂いてるのか…甚だ疑問です。
もちろん、山パンさんの広告宣伝費に対しての考え方があるだろうから、一概に不満足とは言い切れませんが、もし山パンさんが降りたら、同じくらいのサポートをしてくれる企業が現れるのかな…と怖さを感じます。

他に冠スポンサーになっているスポーツでニューイヤー駅伝がありますが、費用対効果で圧倒的に差があるように見えます…(^^;)

Jリーグは、山パンさんのサポートにあぐらをかいてる感が否めないです。もっと価値を上げるために必死に考えて手を打ってるのか?
見切られてから困った〜では話になりません。
天皇杯を含めてカップ戦をどう盛り上げていくのか?日程面と合わせて、もっと変えていかないとと思いますね。
中だけで考えてないで、いろいろアイデアを求めれば良いのに。
そういう感じだから結局既得権を手放したくないだけなのね、と皆さん受け止めてしまうんだと思いますが。


DAZNについても、初年度をどう評価してるのか、気になりますね。
皆さんの意見を聞いてると、DAZNを見る側の方はかなり不満足に見えるので、DAZN側が余計気になります。

率直に言って、Jリーグは見るための手段のPRが足りなさすぎです。
NHKでたまにやる以外で地上波はほぼ無し(埼玉はテレ玉が時々)のはずで…合ってるかな?
私くらいの関心のある人間でも怪しいので、一般的な方が見るにはあまりにもハードルが高いです。
Jリーグがマニアックな人たちのためのエンタメで良いなら今のでも問題なしですが。

DAZNのアピールは、私は今DOCOMOなのでよく見かけますし、見るならそれでと思いますが、肝心のJリーグは何もやってないようにしか見えません。
ホントにDAZNから金をもらってるのか疑いたくなるレベルです(^^;)

せっかく1年目が終わって2年目になるまでの間で、今大々的にアピールしないでいつするのよ…な期間のはずですが、全くPR無しに感じます。
去年のクルクルやカメラワークの問題点がこうなります…くらいドンドンやってもいいと思うし、DAZNから見たらJリーグのヤル気を疑っちゃうと思いますね。
まさか何も改善無しはないでしょうし。

彼らのような企業は手を引くときはあっさりな気がします。Jリーグが一番それを分かってやってると思いたいですが。
まさか手を引かれても困るのはチームとか思ってノンビリしてるのでは…(^^;)


明治安田生命さんについても、2シーズン制のおかげで付いてくれたスポンサー…なイメージがあります。
当然契約期間が続いてるから今もやっていただいてるんだと思いますが、私が社長なら終了次第手を引きたいです(^^;)

散々な言われようの上に、トップはレッズが実質の優勝だったとか言ってしまう始末。少なくともJリーグの上の方々は歯を食いしばって2シーズン制を賞賛して盛り上げないと、スポンサーに失礼だよね。
こういうのを見て、他の企業がJリーグで広告を打ちたいと思わないはずです。だって盛り上げるどころか守ってくれさえしないんだから。

DAZNが手を引いたらドミノ式で他の協賛企業も広告を辞めてしまう…それも非現実的とは思えません(^^;)
Jリーグは今のスポンサーに満足してもらえるよう、これでもかとアイデアを出しまくって頑張るしかありませんね。


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村