美味しいLIVEを味わうDIARY

レッズのコト、音楽と車のコトをおいしく

危機感の無いクラブは生き残れない

イニエスタが神戸に来ることになりそうで(まだ信じられないけど(^^;)、外国人選手枠が撤廃または緩和が実施される見込みと。
これ、以前からずっと言われ続けてきたことだけど、衝撃的なニュースだと思う。
極論すれば、外国籍選手が多い神戸を助けるため、神戸の都合だけでルールが変わっちゃったんだから。

そこに対しての、Jリーグの都合の良さ、今までのポリシーを変えることの説明の無さ…はとりあえず置いといて……これからあるのかな?


レッズは以前外国人選手が実質的に5人とかっていう時代もあったけど(ワシ、ロビー、ネネ、闘莉王、アレックス…)その後すっかり予算上限内やりくり制度になり、少なくとも費用のかかる外国籍選手を海外から獲ることはすっかりなくなりました。(人件費全体として高いのは分かってますが)

そんな間にセレッソフォルラン、柏がレアンドロドミンゲス、名古屋がジョー、神戸がポドルスキマリノスアデミウソン…を獲ったりして、レッズは大物外国籍選手に手を出さないイメージがすっかり定着しました。

それでも問題が無ければ良いんだけど、大物外国籍選手に手を出さなくなってから、それまでに比べて成績、客入りとも芳しくない。

もちろん原因は他にも色々だけど、要因の大きな1つであることは明らか。しかも、それが分かってからでも軌道修正するわけでもなく。
ミシャになってからは、ミシャと利害が一致したのを良いことに、クラブとしてその問題に手をつけずに丸投げしてしまうという、ますます手抜きができる展開になってしまいました。

その流れの延長上にある去年から今年にかけての体たらくでも、検証するわけでもなく責任を取るわけでもなく、ただただ現場責任者に責任を押しつけてきて今があると理解してます。


私は今年最初にも危機感無いよねと言ってきました。

http://unapy.hatenablog.com/entry/2018/01/13/132355

簡単に言えば、今のやり方はあまりにも志が低すぎで、DAZNマネーとかで他のクラブに抜かれちゃうんじゃない?というものです。

その頃は、陽介が神戸のオファーを断ってくれて良かった〜みたいなこともあったけど、ひょっとして陽介は後悔してるかもね…と思ってしまう。
今より良い給料をもらえるし、地元に帰れるし、イニエスタポドルスキとプレー出来ていたわけだから。
今の表情の暗さは、ミシャや堀さんの解雇が原因だと勝手に思ってますが(^^;)


パリ・サンジェルマンマンチェスターシティーがいきなりヨーロッパのトップクラブになったように、ミランインテルがどんどん落ちていったように、プロフットボールクラブである以上は金を集める力であっという間に力関係が逆転し、落ちる側になった方は戻るのにもの凄い労力を要します。

レッズが神戸や、その他のクラブに抜かれる日は意外に近いのかもしれません。抜かれるときはあっという間、そして残酷なまでに明暗が分かれるはず。
外国籍選手の枠が緩和、撤廃されそう…ということは投資の意欲と補強の工夫でクラブの力関係を逆転できる事を意味する…さすがにそれは簡単に想定できることで、決まって急に困りました…は無いと思いたいけど。


泥臭くてももっと必死に資金を集める努力をしてるのか?なぜ市民に出資を募らないのか?客を呼べてたヤジやトシをなにがなんでも引き留める…をホントにしたのか?ロビーやギドやワシに、プライドを捨ててもっと頭を下げてでも関係を強化して、良い外国籍選手をお願いしてるのか?……⁇⁇

言い出せばキリがないくらい、あまりにも疑問が多過ぎで、クラブトップのやる気や危機感が全く伝わりません。

逆転されて、窮地に立ってどうしようもなくなってから助けを求められてもムリとしか言いようがありません。
そうなることは、DAZNがスポンサーに付いた後は特にあまりにも分かりやす過ぎる。

理念を示すのも大事ですが、社長がその前に決断したりやるべきことは100個以上は確実にあると思います。そんなにノンビリしてるのが全く理解できません。
生き残るために優先順位の高いことをやらない、出来ないなら早くやる人、出来る人に変わって欲しい。お茶を濁してるヒマはありません。

よろしくお願いしますm(_ _)m


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村