美味しいLIVEを味わうDIARY

レッズのコト、音楽と車のコトをおいしく

ワールドカップの神様日本に微笑む

日本はポーランドに0-1で負けたけど、決勝トーナメントに進出しました。

私は前回まで、そうそうギャンブルに勝てるものでもないから、セネガルに勝てなかったのは辛いよね…と何回か言いましたが、西野監督はまたも賭けに勝ちました。

メンバー6人入れ替えは、失敗していれば国民から総タタキ、メディアはその準備万端前のめりって感じだったけど(^^;)いい意味で肩すかしを食らわせました。

西野さんのこの度胸はホントスゴい。
私的には、ホントか知らないけど浦和出身でレッズサポのプレッシャーが嫌だからレッズの監督を断った…とか、神戸や名古屋で上手くいかなかった…時の印象が強くて、そのギャップが大きい(^^;)

さらに、他のポジションはともかくとしてディフェンスラインのしかも真ん中を入れ替える…PKが多い大会で波が大きく後ろに弱い槙野を入れる…レッズサポの私が言うのもなんですが(^^;)
酒井高徳を右サイドに入れて右と左のキャラクターを極端に変える、これもちょっとなかなか分からない、評論家とかから見てもツッコミどころ満載のはず。


でも、ネイマールでさえ泣き、メッシでさえ追い詰められるワールドカップという舞台では、日本は常に仕掛けてギャンブルにいくメンタリティーでないと他をだしぬけない、ということなのかな。

岡田さんがカズを切り、トルシエ中村俊輔を切ったのが思い出されます(それぞれ中身は違いますが)
もちろん本来はそうならないよう準備する…が大事だけど、緊急登板でできることが限られてる状態では、頭のネジを何本か緩めるくらいの気持ちで、いい意味で開き直れたのかもしれません。
南アフリカの岡田さんも少しそれに近かったし。

それで良かったメデタシメデタシ…としちゃって反省がないから、また次のワールドカップに向けての準備が残念になっちゃう繰り返しなのかもしれませんが(^^;)

もう既にその兆候はあって、スポーツ新聞には西野監督続投❗とか元チェアマン絶賛❗とか世論操作が酷い(^^;)
せめてこの4年間の検証として、ハリルホジッチを選んだ理由・内容・結果・問題点、かかったお金に対しての効果、直前に交替という世紀の大失態の責任をハッキリさせてからの話なら分かるけど。

自分たちに火の粉が降ってくる前に続投を既成事実化して、話題をぶり返したくないのがあまりにも見え過ぎていて(^^;)これだからまた同じ4年間を過ごして、同じ過ちを繰り返し続けることになる。

この人達につける薬はないんだろうなぁ(>_<)世の人達は結果しか見てなくて、ユニフォームとかに金さえ落としてくれてればいいと見切ってるんでしょう。
私的には今の選手達の反発力と団結力、西野監督の思い切った開き直りがこの結果を生んだとしか見えない。
西野監督の采配が素晴らしいという評価なら、そもそも監督を選ぶ側の技術委員に任命してたのがおかしいのでは?とか、ハリルホジッチよりはるかに安くて済んでたはず…の視点は全く無いのか?とか。違約金だって払ってるはず。

その辺りの反省が欠落し過ぎてて、むしろないのが当たり前にしてる。
これをつっこまない以上は、日本代表も日本のサッカーも進歩しないのが当たり前で、また4年ごとの結果だけに一喜一憂していくんでしょう(^^;)


とはいえ…槙野も航も長谷部も元気もがんぱれ〜♪(^^)
槙野ワールドカップ出場おめでとう❗よかったね(^-^)

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村