美味しいLIVEを味わうDIARY

レッズのコト、音楽と車のコトをおいしく

J1 away サガン 20180811

鳥栖トーレスを見に行くツアーを組み、10日夕に東京を脱出。
10日は広島の夜を楽しみ、11日は博多の食を楽しみ、ようやく鳥栖に到着です。





ベストアメニティスタジアムは2回目。前回はメインスタジアムのアウェイ(レッズ)寄りでしたが、今回はセブンイレブンで取ったチケットS席が、バックスタンドのほぼほぼ鳥栖サポゴール裏寄り。
周りにポツポツレッズサポもいますが、完全アウェイ状態でした(^^;)

ですが前から4列目ということでLIVE感は抜群(^^)鳥栖の応援もダイレクトに伝わってきますが…(^^;)
そして、今回セブンイレブンで取ったチケットにおまけで付いてきたのが、試合前のウォーミングアップとシュート練習をピッチレベルで見れる券でした(^^)

見る場所が鳥栖サポのゴール裏側なので、当然私以外は全員鳥栖サポという恐ろしい状況(^^;)
それでも神の子フェルナンドトーレスのシュート練習を目の前で見れる魅力には勝てませんでした。

さらに、最初にゴール裏へサインボール?を投げに来たときに、もう私たちの目の前くらいを通り過ぎるというハプニング⁈(^^)ハイタッチ出来たかも…


そして、その後のダッシュ練習もほぼ目の前❗ボードにもたれかかってるのがトーレス


その後にやっとシュート練習。トーレスのシュートはホントによく入ります。これ、普段色んなチームのシュート練習見てても、これだけなかなか入りません。
中には、お〜っ❗と皆が唸るシュートもあり、勇気を持って見に来た甲斐があったなぁ(^^)
たぶんコンディションも慣れもまだまだこれからの段階でこれはやっぱり凄い(^-^)
こっそりレッズには決めないでねと祈りつつも…(^^;)


練習終了後スタンドに戻ってもうすぐにゲームスタート❗ここからはレッズサポに戻りました(^^;)
メンバー、やり方はもう既にお馴染みで、やはりこのゲームは変えませんでした。

で、前半のレッズは悪くなく、たまに金崎とかにたまたま収まったようなやつをシュートまで持っていかれるし、1本危ない周作ビッグセーブがあったけど、全体的にはほぼほぼレッズペース。
トーレスは…何も出来てませんね(^^;)
入りが課題だったけど、この試合は良かったですね。鳥栖の組み立てに助けられた感はありましたが…

後半も、むしろレッズが圧力を強める感じであと少し冷静に運べれば、まで行けてたと思います。
そういう少し前掛かり気味になった時にセットプレーでやられるという、ショックの大きいパターンでしたが…

結果決定力不足、なんだろうけど、なんだかそれよりも守備が問題な気がするなぁ(x_x)
ていうか長崎戦でも分かったように、レッズに守ってくる相手を打開する力はまだ無い。

じゃあどうするべきか?この試合でもある程度出来てたけど、時々相手にボールを持たせて相手の守備に対しての集中力を削ぐやり方の完成度を上げていかないとさ。
レッズがこじ開けようとすると、どうしても少し人数を掛けざるを得ない。で、バランスを崩してカウンターを食らい気味になって、ゴールまでは決められなくてもセットプレーを与えてしまう。

そうすると今日のようなアウェーでスタジアムのボルテージが上がるといくつかの内1個は決められちゃう。ここをガマンできるかどうかだと思うんだよな〜(x_x)

レッズはまだまだ弱い。そこをもっと皆で共有しないとさ。変にまだまだプライドがあるから、攻めきれないことにイライラする。
点を取られたあとのキックオフ時の選手達の雰囲気がまさにそれ。
あまりやられた感じになってない。なんでこんなセットプレーでやられちゃうんだよ、なイライラの方が強く出てるんだよね。
まだまだ自分たちの実力と認識に乖離がある証拠です。

必死さは伝わるし、この酷暑でめちゃくちゃファイトしてるのも伝わる。だけど、あとほんのもう少しの冷静さなのよ。
まずは降格圏近くのチームに、最低限負けないことが重要でしょ?ならもっと理想を捨てないとさ。

オリヴェイラはきっと分かってます。ただ、試合でコントロールするのはキャプテンと副キャプテン。航の穴は大きくなってないかな?


それと今のシステムは少しバランスが悪い。バイタルが空き気味になるのは前から言われてるけど、陽介がボールを運ばないと組み立てられないから、どうしても青木の負担が重くなる。
で、堀さんの時から言ってるけど、青木はディフェンスラインの前、アンカーのポジションでどっしり構えるというタイプじゃない。
で、サイドのヘルプにも行かなきゃいけないから、どうしてもバイタルが空き気味になる。

だったらせめてアンカーには阿部ちゃんを置いて、その少し前に青木と陽介を置いたら中盤3人の個性も生きるし。その前に慎三とファブリシオまたは武藤の2トップでいい。

他にも、右サイドで岩波が組み立てに加わった時の後ろのリスク管理が出来てない感じとか、武藤がむしろ1番後ろまで下がってバランス悪くなる感じとか、橋岡に多くを求めすぎとか、ファブリシオと慎三の距離感が良くないとか…

こういう細かいディテールを少しずつ改善しながら、まずは守りをしっかりしないと。
時々変に相手のトップに収まっちゃうからリズムが良くならない。これは守りのバランスが悪いから。
これが、オリヴェイラの指示を守っててもそうなっちゃうのか、何人かが守れてないからそうなっちゃうのかも気になるところですが。

まだまだ辛抱辛抱辛抱…です。次の磐田戦でメンバーの入れ替わりはあるのか?
磐田は長崎や鳥栖よりは攻めてくれるだろうから、少しはやりやすいかもしれませんが…

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村