美味しいLIVEを味わうDIARY

レッズのコト、音楽と車のコトをおいしく

真夏の正念場

今日19日アウェーで清水。その後中2日で天皇杯ヴェルディを熊谷で。さらにそこから中3日でアウェー名古屋…
今期最後の中2日であり、天皇杯勝ち残ればまだ中3日もあるけど、ルヴァンもACLも無いレッズにとっては(T_T)移動込みで今年最後のハードスケジュールです。
ましてや7月終わりからずっと酷暑の連戦なので、メンバー固定のレッズはだいぶ疲労も溜まってるはず。
残り12節になりましたが、ここからの5節くらいが、ラストスパートに向けてのポジション取りとして超重要なのは皆さんよく知ってるところでしょう。

しかも相手が順位の近い清水、そして降格圏から脱出しかけてる名古屋と来て、その後もセレッソマリノス、神戸…
この5節の結果如何で、ACL争いに入れるか、でかい団子の中でもがき続けるか、ヘタすると降格争いへ行ってしまうか…運命が決まります。

レッズはワールドカップ明け7節で勝ち点14積み上げました。平均2なので素晴らしかったけど、この5節でも10以上積み上げてペースを保てるか。疲労度MAXでも特にこの清水戦と名古屋戦は負けられません。

前置きが長くなりましたが…(^^;)


この2試合が大事だけど難しいのは、間に天皇杯ヴェルディ戦を挟んでて、ローテーション出来る相手かどうか微妙なこと。
レアンドロはまだ出てないみたいですが、他にも良い外国籍選手がいて、若くて勢いありますね。
レッズはルヴァンで甲府に負けてますからね…(^^;)オリヴェイラも言ってますが、負けたら終わりの天皇杯はメンバー選考がとても難しい。

とはいえちょっと前と違うのは、今はリーグ戦のACL圏内が少し見えていること。やはり清水戦と名古屋戦に全力投球でしょう。
荻原、武富、菊池、長澤、マルティノス、忠成には天皇杯頑張って欲しいです。
阿部ちゃんも清水戦は完全休養してもらい、ヴェルディ戦であまり出ないメンバーを引っ張って欲しいです。
青木、陽介、慎三、ファブリシオ、武藤あたりは休ませたい。ホントは槙野もだけど…

レッズにとって救いは、前節磐田戦が最後の方ちょっと楽だったこと、陽介を少し休ませられたこと、磐田戦も清水戦も酷暑よりはだいぶマシなこと、ヴェルディ天皇杯より昇格争いの方が遥かに大事なこと…かな。


清水は正直降格争い組かと思ってましたが、ドウグラスがハマってるのが大きいですね。
以前のチアゴアウベスや在日枠のチョンテセといい、決定力のある外国籍選手プラス北川とか金子の若手組み合わせ作戦が上手くいってます。やりくり上手になりました。

ドウグラスが出るかどうかもありますが、今のヨンソン監督は堅実なタイプに見えるし、アウェー感含めて鳥栖戦と似た感じになりそうです。
で、鳥栖戦では我慢比べに負けたから、今度は同じ過ちを繰り返さないようにして欲しい。

入りの悪さはだいぶ改善されたので、サイド勝負に負けなければなんとかなりそうです。
そして、最低でも負けない戦い方ができるかどうか。リスクをかけるところとそうでないところのバランスやタイミングも大事です。

レッズが大人になれてるかどうか、そこに注目してさいたまから応援したいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村