美味しいLIVEを味わうDIARY

レッズのコト、音楽と車のコトをおいしく

2019シーズンスタート 2

前回守備陣をやりましたが、より課題山積は得点力、構成力の方。

去年は中盤を青木、長澤、陽介の3人を中盤にして、全体を少しはコンパクトにすることである程度解決しました。
3人の個人能力、お互いを理解した位置関係、ディフェンスラインの頑張りで、守備にも攻撃にも人数をかける事がある程度出来てたかなと。

ただ、3人のコンディションが良くなかったり、誰か一人でも欠けたり、ディフェンスラインが上げられないと、途端にバランスを崩していた印象があります。
1人のアンカーと2人のインサイドハーフという中盤は、3バックか守備時5バックとの組み合わせで考えるとまずバランスがあまり良くないと思います。

で、守備時は人数がかかってる割に、ウィングバックの位置取りが中途半端だとサイド裏が狙われたり、アンカーの両脇が狙われたり、意外に弱点があるのも問題です。

中盤の3人もディフェンスラインの3人もあまり足が早くないので、少しでもスキがあるとカバーしきれない問題があります。

長澤や青木が欠けるとセカンドボールも拾えなかったり、推進力も足りなくなったり、コンパクトに出来ないと中盤3人の仕事が多過ぎたり…とある意味問題だらけ(^^;)

で、こういう問題をオズは十分過ぎるくらい把握したはずなので、どう対処するのか、そこが最大の注目です。


【MF】陽介、青木、長澤の3人が1年間フル稼働してくれたら問題ないけど、陽介は腰に爆弾、青木は筋肉系のケガが多いタイプ、長澤はプレースタイルがケガと表裏一体…と、3人とも少なくともタフじゃないのは確か。

その3人にシーズン最初のハードスケジュールの所からフル回転してもらうのが自殺行為なのはオズもよく分かってるでしょう。

でも今の3ボランチは3人のバランス感覚で成り立ってると思うので、ここをどうするか、最大の問題かな。
前にラファのような決定力と打開力を両立したようなFWがいてくれたら人数をかけないで…な選択肢もあるけど、今年もそうはいきそうにありません。

練習でエヴェルトンをアンカーに…な話があったけど、これちょっとヒントかもしれません。
つまり3人同時に使えない場合は、アンカーとインサイドハーフの役割を明確化して、流動的よりはしっかりポジショニングさせるのかな?と。

ミランがアンカーにピルロを使い、インサイドハーフガットゥーゾを使って役割を明確化したことがあったけど、この場合レッズはアンカーエヴェルトン、インサイドハーフ柴戸、とか?

もしくはダブルボランチとトップ下みたいにするとか?そうすると大槻さんの時代に少し戻ることになりますが(^^;)
でもこの方がエヴェルトンや柴戸、直輝を組み入れやすいのは確かでしょう。
リアリスト・オズはこっちを選択しそうな気がするけどな…

今出た6人プラス茂木、阿部ちゃん、新人の池高までの9人が候補でしょうか。選手層としては問題ない感じですね。
話逸れますが、池高のあの面構えと目つきは何かやってくれそうな雰囲気があって、個人的に楽しみです(^^)あの山瀬と同じ札幌SSS出身というのも…

汰木とマルちゃんは今のやり方のインサイドハーフではちょっと厳しいでしょう。
トップ下的な形にした場合と、2トップの1人でしかないかな。違う形を取り入れれば別ですが。



ウィングバックは山中が入ってくれて何とか体裁が整ったかな(^^;)
それでも右レギュラーの橋岡やモリは本職ではなく(モリは今の3バック右も厳しいけど)普通に考えれば左山中右ウガがレギュラーかな?とも思えます。

それでも左は荻原もいるのでまだマシで、右は本職じゃない2人に頼らざるを得ないのがとても気になりますね。
岡本はレギュラーに出来ないから諦めたんだろうけど、その割にちゃんとしたレギュラーがいないのは微妙です。

橋岡は4バックの右ならともかくとして、優勝を目指すチームのレギュラーウィングバックとしては物足りない。
まだまだ経験不足は否めず、フィジカルで圧倒できる相手でないと色んな未熟さが出てしまいます。
特に気になるのは3バック右の選手との位置関係、5バックとも3バックとも取れないフワッとしたポジショニング、前に出た時の工夫の無さ…かな。

一番の問題は彼に頼らざるを得ないチームにあるけど、それでも彼をこのままウィングバックで使っていいものか?正直疑問です。
迷いが深くなってあまり成長しない…アンダー代表との兼ね合いで疲弊しちゃう…強みも生かされなくなる…の悪循環に、去年はちょっとハマりかけたようにも見えます。
将来レッズの柱になってもらわなきゃの選手だけに心配。そこをオズがしっかり見てあげることを期待しますが…

モリは組み立て、サイドチェンジ、連携とかではスキルと経験を出せるけど、スピードの無さ、競り合いの淡白さ、スタミナの無さ、戻る意識の低さがウィングバックとしては致命的です。オズのチームの中では一番使いづらいと言ってしまえるでしょう。
雰囲気作り等、接着剤として最高の選手だけに何とか居場所を見つけて欲しい。点が欲しいときの途中出場だけでは寂しいなぁ…

そうなると、新人だけどとても期待したい岩武。明治ではチーム事情でCBをやってたけど、本職はサイド…というのがいいですね。
大卒の実戦的なチームプレーヤーだろうし、馬力とスタミナさえしっかりしてれば何とかなりそう。
橋岡がアンダーの代表でいない時はレギュラーになっちゃうくらいの勢いが欲しいです。


左は最初から山中レギュラーではどうでしょう。
本職はサイドバック…とか、守備が今一つ…とかケガしやすい…とかネガティブ情報ばかり飛び交いますが(^^;)
レッズの左サイドに今まで無かった推進力をもたらしてくれそうです。

そして左足の威力。左サイドに限らないけど、レッズはアーリークロスがほとんど無かった。
そして杉本はターゲットになりそうだから、アーリークロスを武器の一つにするだけでも今までと全然違いそうです。
立体的な攻撃が増えれば、以前からの平面も威力を増します。守りにくさを増すためにも、山中の左足は大事です。ケガに注意してがんばってほしい。

ウガは今まで以上にチームプレーヤーになってほしいです。右サイドも出来るポリバレントとして…前のウメみたいなイメージ。

言い方を変えれば、ウガほどのプレーヤーがサブにいるチームはスゴく強いと思います。サイドは消耗も激しいし、上手くローテーションできればなぁ…

荻原はフィジカルやスタミナ、守備力が課題でしょう。
でもユースの時はサイドバックだったらしいし、右サイドアタッカーでも違和感無いし、柔軟性もあるから出番は普通にけっこうあると思うけど…
ルヴァン名古屋戦の思い切りの良い左足が印象的です。オズにしっかり鍛えてもらってがんばれ〜(^^)/


こう見ていくとレッズもだいぶ選手入れ替わり、4バックに向いてる選手の方がむしろいい?と思えます。早めの戦術追加あるかもしれません。


だいぶ長くなりました(^^;)のでFWはまた次〜♪

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村