美味しいLIVEを味わうDIARY

レッズのコト、音楽と車のコトをおいしく

レッズレビュー 2017 FW

【ラファエル・シルバ】
ACLの優勝を決めるゴールだけでなく、苦しい場面の数々を救ってくれました。今のチームの攻撃では、個の力として突出した打開力と得点力を持ってます。
元気以来いなかった一発を持ってる男です。関根もあったけど彼はサイドでしたし。

ただ、現状ミシャ式でも堀式でも先発からでは使いにくい選手になってます。だけどこれは考え方で、3トップ気味とか1トップで真ん中に必ず慎三がいることが前提になってるから使いにくくなるのかなと。
もう単純に慎三とラファの2トップを基本にすればいいです。後はもう一人のFWやトップ下がいるいないだけで、3バックとか4バックとかはあまり関係ないのかなと。
トシもチュン君も武藤も基本ストライカーで真ん中がいいですし、陽介や長澤は明らかにトップ下とか中盤前目が向いてます。
今のポゼッションしながらのワントップだと慎三以外に向いてるプレーヤーがいません。
慎三の負担を軽くする意味でも、ストライカーたちに向いてるポジションでプレーしてもらうためにも、2トップを基本にして、オプションで3トップ気味や1トップ2シャドーを入れていく…で良いんじゃないかなぁ。

さらに、勝ってるときのラファ1トップは相手にとってスゴく嫌です。
周作のキック1本で簡単に追加点を取るパターンも作っていきたいです。

特にシーズン当初取っていた点は、ラファが典型的な点取り屋であることを分かりやすいくらい表してます。
彼にサイドをやらせるなど愚の骨頂と言ってもいいくらい、真ん中でのプレーが素晴らしすぎますね。慎三との縦関係コンビネーションも良かったですし。

レッズが堀監督のやり方に合うサイドアタッカーサイドバックを何人か連れて来て、ストライカー何人かを切っちゃうくらいの荒療治が出来るなら話は別ですが、それができないでマルティノス一人を連れてくるのが精一杯…なら今いる選手たちの特性を最大限生かすやり方にしないと。

ラファは100%ストライカー、それを来年は十二分に発揮して欲しいです。


武藤雄樹
ミシャの時は点で合わせる最高のシャドーストライカーとして、フリーランニングや前線からのプレスで貢献してました。
堀さんになって点を取れなくなったけど、両サイドの守備と運動量で必要不可欠な存在でした。彼のプレスバックに何度助けられたか。

でもやっぱり彼にサイドは合いません。ボールを持ってからのサイドでのプレーは駒井やウメと比べても劣ります。それでも彼がサイドをやらざるをえないのは、そうしないとチームの安定感が無くなるから。
逆に言えばそれだけ終盤のレッズは不安定だったわけですが。

来年は彼も真ん中に戻してあげたいです。イメージとしては昔のセレッソの森島みたいな。
守備では替えがきかないし、フリーランニングでチームの潤滑油にもなれる…
彼には黒子でありながらも大事なときに泥臭くても点を取ってくれる…な存在であって欲しいです。


高木俊幸
彼も今年は苦労しましたね。ハイライトはACLフロンターレ戦の決勝ゴールですか。
私も目の前で見ましたが、あれほど時が止まったような瞬間はなかなかありません。感動しました。

ミシャには重用されましたが、シーズン前半は怪我で出られず、昨年の勢いは萎んでしまいました。
コンディションが戻ってきたら堀監督になってて、主に左サイドのアタッカーでソコソコは使われましたが、途中出場も多くて不完全燃焼だったと思います。

しかも左サイドアタッカーとしては難しかったように見えます。清水の時から彼はシュートを打ちまくってナンボのプレーヤーです。
ミシャ式のシャドー、カウンターの1トップ、2トップの一人、トップ下辺りまでが適性ですかね。
彼も長い目で見てレッズの先を支えるプレーヤーだと思うので、適性ポジションでやらせて欲しいです。セットプレーの陽介の負担を軽くできる存在でもあるし。
またカウンターでの超絶トラップを見たいです。


オナイウ阿道
実際のプレーはたぶん天皇杯くらいでしょうか。あの時も相手GKのミスを拾って点を取りましたが、雰囲気的に持ってる感はありますね。
キャラクターも面白いみたいだし。

色んな方が今年成長したと言ってるので、ぜひ来年はレンタルで実戦を積んでほしいです。
やはり彼の若さなら練習より実戦です。フィジカルの強さと得点感覚は武器だと思うので、レギュラーで出られる環境でさらに成長してほしいですね。

ミシャが教えたいプレーヤーだということはフィジカルが一定以上で面白いものを持ってるはずなので、磨いた上でレッズに戻ってきて欲しいです。


李忠成
相変わらず点を取る能力は高いものを発揮してくれました。カウンターでの左足も素晴らしいですが、フィジカルも強くてバトルも出来るしクロスに合わせるのも上手い。勝負強さもあって、意外性もある。頼りになる点取り屋ですね。

ただ、堀監督になってストライカー枠が実質一つになると、途端に厳しくなりました。
器用なズラや武藤はサイドもこなせるし、ラファは突破力が不可欠で選ばれますが、チュン君はそこで難しくなります。
これからの補強次第で変わってくるでしょうが、折角のバラエティーに富んだストライカーたちを生かさない手はありません。
クラブには先をよく考えて、チーム構成を練って欲しいです。


ズラタン・リュビヤンキッチ】
彼もレッズでは長くなってきましたが、慎三の控えや、サイドの起点役、セットプレーの守備等の役を受け入れてくれるチームプレーヤーとして、人間性も含めてありがたい存在です。

今年は特にACLでの重要なゴールもあり、例年以上に存在感がありました。
堀さんの3トップのサイドで前を向くプレーの方が、1トップで慎三の代わりをやるより向いてますね。
慎三がエースでいる以上、ズラのような役割を受け入れてくれる助っ人は助かります。来年もまた頑張ってほしいです。


興梠慎三
シーズン最初の頃は手が付けられないくらいハマってました。
いいポジションでボールを奪った後ドンドン良いパスが出てくるパターンが多かったけど、ストライカーとしての動きに優れた慎三には楽しくてしょうがなかったでしょう。

動き出し、スペースへの入り込み、駆け引き、ポスト……高さやスピードはほどほどだけど、ミシャ式でも堀式でもワントップのポジションは彼しか出来ません。
なので来年は他のストライカーたちを含めて、いかに慎三の負担を軽減するか、引き出しを増やすかも大事なポイントだと思います。

最後の方はコンディション良くなかったし、この冬は休みが長いので、十分休んでもらって来期に備えて欲しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村