美味しいLIVEを味わうDIARY

レッズと音楽を美味しくいただきます

ルヴァンSF 2nd leg 埼スタ vsセレッソ 2022.09.25

今年2022年達成できる目標としては唯一残ったルヴァンカップですがセミファイナルで敗退。
残念ながら2023年にシーズンまたぎで行われるACLファイナルが心の拠り所になってしまいました。


そのACLファイナルにしても現状ホームを埼スタで行えない状況で、必死に署名活動をしてますが報われるかは不透明で、なんとも歯痒い1日でした。


私は先日浦和駅東口で署名してきました。
さすが浦和というべきか、自分から署名したいと言ってくる方もいる一方でよく分からず通り過ぎる方も多数。

浦和ですら知名度の問題あるのがYouTubeチャンネルの調査等で判明してますが、Jリーグ全体としても深刻な問題でしょう。



スタメンはもーやん外れて松崎。たぶん蓄積疲労かな。

そしてチーム全体もコンディション良くないのが伺えます。
調子もACLから下降気味。そりゃスタメン固定で強度も緊張感も高い試合を続けてやれば、いくらホーム埼スタとはいえ頭も身体も疲労困憊のはずで、3日休みを取ってますが年間の蓄積疲労は簡単に取れない。


なので問題はその状況に合った戦い方が出来たかどうかで、セレッソにやられるポイントはもう分かってるはずなので、そこに対する対応が出来なかった。
あるいは分かってたけど、頭と身体が付いてこなかった…のどちらかでしょうが岩尾の試合後コメントを見るとたぶん後者。


試合始まって最初は上手く組み立て出来てないものの、時折ロングボールを混ぜながら対処してました。

この時点で攻めなくちゃいけないのはアウェーゴールを取られてるセレッソの方で、レッズ側は前半は相手の出方を見ながら冷静に後出しジャンケンをしていく…で良かったはずなのに、ボールを持つと(持たされると)セレッソが用意したボールを奪う場所に入れてしまう。

今年の今までの試合でもあまり裏返せてないのに、コンディション悪い今でもそこに真っ直ぐチャレンジしてしまったのが1番の敗因でしょう。


左サイドの裏を取られてオウンゴールになったのは不運ですが、それをやりたかったのはレッズの方のはずで、そこに至るまでの過程が良くない。

相手の出方を見ながら2戦トータルで勝つことだけを考えてプレーする…のはずが、上手くいってないのが分かってても切り替えられなかった。


リカも点を取って勝ちたい…と試合前言ってたように、慎重さと大胆さのバランス取りに失敗しましたね。

そこがとても難しいのは分かりますが、こういう大事な試合で出来なかったのは痛恨。
レッズはまだまだチームとして若いし未熟。そこを痛感することになりました。



守備もハマらなかったですね。

最初の方はキム・ジンヒョンに出し所を与えず蹴らせて回収…が出来てましたが、リードされると全くプレスがハマらない。

キム・ジンヒョンが前めに出てきてCBと3人で並列に並ばれるとスイッチの入れ所が全く無い感じ。

焦れて松尾や佳穂がプレスしにいくと、ディフェンスラインで上手く回される上にセレッソ全体が連動してレッズの穴を突きにいく。
2点目などはその典型かなと思えました。


湘南戦でもプレスが掛からないときの守備の脆さが目に付きましたが、ACLくらいまでレッズの武器だった松尾佳穂プレスからの守備もかなり研究されてますね。

湘南は外してくれたけどセレッソはそこをしっかり決めてきた。
何試合か前から言ってる、プレス前提としない守備も身に付けないといけないですね。そうしないとキャスパーも生きない。


後半からは開き直り気味に前掛かりにしてシステムも少し変えて押し込みますがそれほど決定的チャンスは無く、奪われたボールのカウンター雨あられ状態。

ここからは何点取られようがトーナメントではもうしょうがない。
全ては前半の作戦負けと、上手くいかない時の対応ミス。


こういう時は全部悪い方向に行ってしまうし、
バラバラになりがちなので、もう一度自分たちの立ち位置と現状認識を全員でしっかり共有して、来年のリーグとACLファイナルに向けてチーム作りをしていくしかない。

残り5試合をムダにせずがんばっていきましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

ルヴァンSF 1st leg away vsセレッソ 2022.09.21

調整して行きたかったヨドコウ。まだ1回しか行ったことないし。

でも無理でした残念…

当日新幹線で行った方々は人身事故で開始に間に合わなかった場合も多かったみたい。

それも含めて(?)アウェーかもしれないけど、個人的アウェー行きにくい状態は変わってない(広島も行けない(T_T))のでなんだか腰を重くする出来事ではありました…


セミファイナルまで来たルヴァンカップ、去年と同じ組み合わせセレッソとの戦いになりました。

セレッソはリカになってから相性悪いし、それ以前もあまり良いイメージはありません。

特に柿谷や健勇には肝心な所で点を取られてきた気がするし、その2人がいなくなって以降も(しかも健勇は味方になったのに)セレッソの組織にハマりがち…



今は強い個がいなくなった分、レッズの良さを消してくるサッカーがハマってる感じ。

レッズもリカサッカーが浸透して後出しジャンケン出来るようになってきてるので、この前のリーグ戦はともかくとして、一発勝負のカップ戦は互角以上のはず…と思ってました。コンディション問題を除いては。




スタメンは初戦のアウェーだけにカウンター狙いになってくるかな?と思ったら佳穂松尾の2トップという、江坂キャスパーよりはポゼッション型で来ました。

見た目にはレッズ本来のサッカーを貫く形で、関根サイドバックといい、湘南戦で守備が脆かっただけに大丈夫かな?と不安になりました。


前半はその不安がけっこう当たってしまったかな。
点を取られたシュートはしょうがないとして、その後も上手く組み立てられない。

いきなりの点にセレッソが勢い付いたのもあるけど、湘南戦やその前のリーグセレッソ戦で良くなかった時のレッズをなぞる感じ。佳穂の1対1くらいだったかな前半は。


後半は盛り返したし良いチャンスも多かったけど、湘南戦の後半でも感じた乱戦感が否めないです。
負けてるのでしょうがないかもだけど、0-2・0-3になってもおかしくなかった。

レッズの選手たちのコンディションからいっても行ったり来たりはあまり好ましくない。

敦樹シュートのこぼれ球を佳穂押し込んで同点に出来たけど、なかなかレッズ本来の崩しは少なめに見えました。今の調子ではやむを得ないかな…


それでも結果はまずまず。
若干のアドバンテージで埼スタに戻ってくる事になりました。

ただ戦い方の判断は難しくなったかなと思えます。
最初からキャスパー江坂コンビでカウンター狙いにするか?
それともリカは良い流れを変えたがらないし松尾佳穂でプレスしっかりめにするか?

2ndレグ埼スタは応援に行けるし、楽しみにしておきます。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

3Q for you! @渋谷eggman 2022.09.13

2年前くらいから活動休止してたQuintet Queen Quest(QQQ)ですが、一日限定の復活LIVE(対バン)でした。



対バン相手は
CORAL:BLUE
CODE OF ZERO
CANACO(BAND)
の3組。

コロナ渦の猛威は凄まじく、体感的には半分くらいのバンドが解散や活動休止になった感覚で、ライブハウスや音楽関連の周辺業者の方々も音楽では食べていけない状態だったし、現在も儲かるにはほど遠い感じかなと。

QQQもご多分に漏れず1人脱退をきっかけに活動休止となり、今日はさらに1人欠けて3人でのLIVEとなりました。

2人いない2ndギターとベースのところは、妹分のCORAL:BLUEからNOHANAさんとじゅんさんがサポート。

もちろん全く同じ音…とはならないけど、3人はブランクを感じさせない演奏です。後で聞いたら上手くいかないところも多かったらしいけど^^;

それにしてもあまりにも懐かしいQQQの曲たち。

1. NO!!
2. 真夏のヒステリック
3. カプチーノ飲みたいの
4. 東横線
5. カナリア
6. 月に吠える
en.1 18
en.2 Determine

お気に入りのNO‼から始まってぶち上がり、ラスト定番のDetermineまで名曲だらけ。

ドラムRisaさん、ギターReiさんの演奏も素晴らしいけど、1番の驚きはボーカルAyanoさんの表現力と声量。

2年前よりもしかして安定してるし上手くなってない?と思ったし、相当練習はしたんだろうけど、それにしてもツアーで熟成させた?と錯覚するほどでした。

さらに相変わらずのMCキレキレがもう泣けてきます。

客が声出せないのは残念すぎますが、定番のコールアンドレスポンスも紙で再現。

水戸黄門の印籠並のお約束のくだりもあり、面白すぎました^^;

楽しいLIVEはあっという間だったけど、なんとなくまた次回を期待させる終わり方だったし、変わらずお客さんが付いてる事も確認できたので、こっそり頭の片隅で望みを捨てずにいようと思えました。

AyanoさんRisaさんReiさんまたね!

にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

J1 away vs湘南 2022.09.17

前から雨予報だった今日ですが、徐々に後倒しになっていったのかな?

平塚は湘南新宿ライン上野東京ラインで1本だし、駅からシャトルバスに乗れば良いのであとは試合時間内の問題だけ。


平塚は関東内のアウェーとして距離的には遠いけど、電車1本で済む、しかも終点の場合が多くて基本全部座れるので楽。今日もそうでした。


結果的に少なくとも移動時間の間は雨が降らず、めちゃめちゃ助かりました。
ただ帰りはシャトルバスでなく歩いたので、かなり蒸し蒸しで汗かきすぎたけど…

中2日の湘南戦だけにメンバーかなり注目。

キャスパー江坂に両サイドはもーやんとシャルク。宏樹も先発で馬渡は久しぶりのスタメンですかね。
柴戸敦樹のボランチも久しぶりで、コンディション重視、前めの選手の個人能力重視、キャスパーの裏狙い重視で組んできました

平野と安居がいないのは残念でしたが、ほぼ私のイメージした人選と一緒で、なるべく前半で先制して、岩尾を出さないで済む展開に持っていきたかったけど…



試合始まって前半の前半はそれどころじゃなくむしろ攻められてばかり。

メンバー選考の意図をくめばもう少し前に早くで良かったと思うけど、このメンバーでの戦い方が固まってない印象で、前後の意思疎通も今一つ。

中2日ではちょっとやむを得ないかなとも思いますが、前の個を生かしたい割にロングボール少ないし、ポゼッションにしても真ん中の縦パス入らないしでちぐはぐに見えます。

ショレ岩波へのプレスが弱めだけど、ボランチへのパスが渡りにくくしてるポジション取りはセレッソと似てて、2トップと2列目でボランチを挟むのは各チーム共通の浦和対策になってるかもと思いつつ。


さらに厳しいのが守備で、メンバー的にプレスが掛かりにくいのは前提のはずですが、湘南のパスワークにバイタル付近で前向かれるし、サイドも後手の対応。

これもこのメンバーでの守備として固まってない印象で、前プレ前提の守備から切り替えできてない感じ。
決定機を外してくれて助かります。


前半の後半からやっと裏狙いやサイドチェンジが増えてきてちょっと落ち着きますが、入りが悪かった分大きくは変わりません。
結果前半の不出来が、残留争い真っ只中の湘南の粘りと頑張りを引き出してしまったかなと思いますね。



後半から馬渡→大畑、敦樹→岩尾でスタート。敦樹はお疲れ感否めませんでした。

大畑は守備力とポジショニング、前への推進力がさすが。
岩尾になっても縦パスは入りにくいけど、目配せとかバランスとか気の利いたプレーとかはチームの潤滑油になるのは十分感じられました。

後半立ち上がりからしばらくはその効果でレッズが押し込むけど、前線の収まりの無さとコンビネーション少なめは相変わらずで、どうしても単発感・乱戦感はあるし、こうなると湘南の土俵かなと思えます。


後半中頃からは前半以上に危ないシーンが連発で、ホントよく1点も入らなかったなと思えるし、佳穂や大久保が入っても落ち着いた展開にはならなかったですね。

ショレがドリブルで持ち運ぶケースが多いのも、いかにレッズが良くないかを端的に表してました。


最後湘南のコーナーキックが蹴られる所で終了という、スタジアムで見てる人間には謎の終わり方も今日の試合の混乱(?)を象徴するかのようでした^^;


まるで引き分け多発の頃に戻ってしまったかのような試合内容が2つ続きましたが、やっぱり過密日程やコロナやケガのせいも多分にあるでしょう(もちろん選手監督たちは口にしないでしょうが)。

そしてこのタイミングでルヴァンセミファイナル2連戦はさらに過酷ですが、ここもリカのマネジメントに期待するしかありません。

ACL枠含め、最後まで諦めずチャレンジしていくしかないですね。頑張っていきましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

藤本あかりワンマンLIVE〜宴〜@井荻チャイナスクエア2022.09.16

中華レストラン+ライブハウスのチャイナスクエアさんが12月頃まで(隔週くらいで)続ける予定というワンマンスペシャル。


シンガーソングライターSSWが行うLIVEの多くはバンドでいう対バンタイプで、一人の持ち時間は30分前後。

サポートにピアノやカホンの方が入ることもあるけど、だいたいピアノ弾き語りやアコギ弾き語りが多い。

今回のワンマンスペシャルは、ワンマンで1時間半くらいなだけでなく、ドラムやベース、ピアノ等のメンバーをチャイナスクエアさんが用意し、SSWの方はセットリスト・譜面を用意してリハをやれば良いというやつ。


今日の藤本あかりさんや、私的前回の珠希美いなさんは素晴らしいSSWですが、バンドの音に合う(映える)な〜と思う場合が多く、個人的には期待通りだったので参加してみました。

バンドメンバーはドラム・ベース・ピアノが美いなさんの時と同じ方で、ギターの三井さんは不在。


それでも始まってみると、あかりさんの声がとにかくピアノにマッチしていて、とても耳福です。

音キレイだし、リズム隊のボリュームはほどほどであかりさんの声を妨げない感じの心地よさ。
前回のワンマンバンドは配信で見たけど、生音でもその時の印象通りでした。

バンド全体のバランスも取れてるし、知らない間柄で合わせたばかりとは思えないグルーヴ感でした。



あかりさんの曲はアコースティックだと静かめのバラード系が多い印象でしたが、バンドになると前回のワンマン同様弾ける感じですね。

MCも盛り上げ上手というか、天然さんな感じで面白い。

それでも歌になるとプロミュージシャンのそれだし、ニュアンスの微妙さとか感情の表現とか素晴らしかったです。

後はまた音源聴き込んで、リピートしたくなる曲を見つけていきたいな。

にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

J1 埼スタvsセレッソ 2022.09.14

過密5連戦の2戦目はリーグ埼スタセレッソ戦。


連戦のスタートとして柏戦がとても良かっただけに流れを継続したいところだったけど0-1敗戦。

声出し適用試合になってからでも初の負けだし、そうそう上手くいかないということ。




流れを継続するために彩艶→周作以外スタメンを変えないのは正解だったと思う。

並びはちょい変更で、松尾とシャルクの2トップに大久保左サイド。
ただ左肩上がりで明本が攻めに出る場合が多く、大久保は真ん中にいる場合も多かったです。

これも悪くなかったけど、松尾とシャルクのコンビネーションは、(松尾と)大久保や佳穂に比べればイマイチだったかも。
シャルクとはまだそれほど実戦で組んでないので、やむを得ないかなとも思いますが。



セレッソは知念とショレにそこまで強く来ない代わりに、真ん中の縦パスをとにかく入れさせないようにしてましたね。
たぶんネルシーニョ監督もホントはこれがやりたかったんじゃないかな…^^;


岩尾がDFラインに下がる以外で前を向けるケースが少なく、サイドを丹念につないで前に進むしかない。

その場合、詰まりそうな時はサイドチェンジしなきゃいけないけど、そのための時間とスペースも与えてもらえず、狭いところでどうしても引っかかってしまうことが多かった。


この辺りの判断ミスとか連携のちょっとしたズレとかは、連戦の疲れやコロナやケガによるコンディション不良やばらつきの影響があるかなと感じます。

リスタートから先制されますが、ここもエアポケットに入った所を一気にスピードアップされたかなと。


前半途中にシャルクを左サイドに戻して前節と同じ並びに変えますが、これも効果は今ひとつ。
岩尾の裏狙いもいくつか出ますが、松尾とお互いに疲れ残ってそうで、精度イマイチでした。



後半からシャルク→佳穂、関根→もーやん、宮本→宏樹と3枚替え。宏樹が戻ってきたのはビックリしだけど、後半だけならで勝負かけました。

投入されて15分くらいは押し込んで効果あったように見えたけど、如何せん同サイドのゴリ押しが多く、押し込んでもクロス勝負では勝てない。

押し込んだ上でコンビネーションが必要だったけど、そこまでの余裕はありませんでした。


後半中頃からは宏樹ともーやんもまだ十分じゃないのが判明。

敦樹との三角形もほとんど作れず、レッズの良さが出ませんでした。

こういう時は真ん中でポストになってくれる選手が欲しいけどそれはない物ねだりで、大きなチャンスは少なく試合終了。

柏戦では表に出なかったコロナによる影響が大きく出ちゃった感じですかね。

松尾ワントップからの攻めやブレスも研究されてきた感もあります。



こうなると湘南戦のメンバーや戦い方も難しくなりました。

ましてや相手は残留争い真っ只中で、かなり厳しい戦いが予想されます。


中2日だし、思い切ってローテーションして欲しいかな。その後ルヴァンもあることだし。

コンディション普通以上なら柴戸や平野や松崎を使うのはどうかなと。
湘南はプレスかけてくるだろうし、キャスパー使っての裏狙いも効果ありそうです。



5連戦、何とか総力戦で乗り越えましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

MiMi session @下北沢rpm 2022.09.11

これまでも来たかったけどやっと初めて参加。

下北沢らしいミュージックバーで、アーティストも観客もミュージックチャージを払って参加する形式。


ステージがあり客席もあり、演者で演奏してない人はカウンターで呑んでる感じ。

ですが客もカウンターにいたり(私もその1人)演者もLIVEが始まって以降途中からふらっと現れたりと、客と演者が混然一体となった感がたまりません。

ホスト(主催?)はドラマーのMiMiさん他4人。
タップmiuさん、ベース磯部直樹さん、サックス岡勇希さん、キーボード豊秀彩華さん。

ですが他に各楽器ごとに2人以上は演奏者がいて、ボーカルやハーモニカの方もいて、合計人数分からないくらいでした(20人以上?)。

そしてなんと2日前にLIVEを観たばかりのタップ豊嶋さおりさんもゲスト?参加。


2日前は3か月ぶりだったのに今日は中1日。
一昨日とは違ってオーソドックスにグルーヴにのる感じですが、キレキレだしmiuさんとのツインタップはめっちゃかっこいい。

タップって良いな〜(^^)またさおりさんのLIVEも行きたくなってしまった^^;


スタート19:00で終了したのは22時半くらい。けっこう長丁場だったけど、その間アーティストが入れ替わり立ち替わり即興で演奏します。

大枠、何曲目に誰と誰が演奏する…は決まってるみたいですが、曲はその場で決めるし、ある人がその曲は演奏できない…となったら別の人がやるし、その曲ならあの楽器入った方が良いんじゃない…となったら入るしでまあ自由。

初対面で演奏したりもするみたいだし、若手の方から大御所っぽい方もいるしで、セッションって本来こういうものなのね…を、ステージ脇のカウンターで、演者の1人のような距離感で体感できたのは最高でした(^^)

そして当たり前ですが皆さんめちゃめちゃ上手いし、グルーヴ天才だし、バトルしあってお互いに高めてる感じもたまりません。

これで大きい声出せたらもっと最高なんだけど…


それでも病み付きになりそうな感覚もあって、やっぱり音楽って人生だよな…を実感。

また次回も来たくなりました。

にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村