UrawaなRedsにdelicious live

レッズのコト、ごはんや音楽のコト

本音を言えばもうちょい後で

以前から若手日本人では評価高い方…とか言われてたけど噂はほとんど無く、結構ないきなり感(^^;)


移籍金も置いてってくれるみたいだし、彼ほどの能力でその強い意志があるなら、何も止める理由がない。

試合に出れなければ全く意味は無いけど、1部を目指すチームが移籍金払ってあまり使わないというのは考えにくい。

今のレッズは彼の力を十分引き出してるとは言いづらいし、活躍すれば1部から引き抜かれるだろうし、チャレンジしがいはあるでしょう。


彼の良いところはメンタリティーかな。

あの割と大人しい雰囲気でプロの中でも相当な負けず嫌い、そして物怖じしない感じ。
あのサンフレッチェ戦のゴールとその後の表情やコメントにそれが凝縮されてました。

どちらかといえば海外向きなのかなとさえ思います。


でもね…

正直言えば、何回か前にラファと関根の能力を全開にする戦い方もしてほしい、と言いましたが、堀監督になってひょっとしたらそれが出来るかも…と思ったところだったので、このタイミングは残念です。

サンフレッチェ戦の突進やシュートモーションの雰囲気はまさにストライカーであり、もっとフィニッシャーの本能むき出しのプレーが見たかったです。
クロスがそれほど得意じゃないし、スリートップの左、ツートップのセカンドストライカーあたりが1番良かったんじゃないかな〜とずっと思ってました。

元気もそう思ってたけどレッズでは叶わなかった。
組織的なプレーと突出した個人の融合って難しいんだな〜と改めて痛感。

目の前で見たサンフレッチェ戦のプレーを、心にも焼き付けておきたいと思います。



まあ、オファーこそがまさにタイミングだということでしょう。
断って後悔するよりも、移籍して失敗する方がスッキリするかもしれないですし(T_T)

そういう意味では、今だからこそ完全移籍でチャレンジして、気の済むまで頑張ればいいと…いうことにしましょう(^^;)


ただ、1つだけ心に留めておいてほしいのは、失敗して帰ってくるのは恥ずかしいことじゃないよ、ということ。

何年かやってあまり上手くいかなかったり、試合に出られなかった場合、どうしても意地を張ってしまいがちだし、それが却って成長を妨げてしまうことになりがち。


完全移籍して退路を断ってるんだし、レッズからオファーがもし来たらプロとして必要とされているということ。

そんな時は素直になって帰ってきてね。


もちろん、ホントにホントの本音として、ヨーロッパで大成功して、中村俊輔のようにそのチームのレジェンドにまでなってくれれば最高です。


君ならできる‼

ガンバレ関根貴大‼(T_T)

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村