美味しいLIVEを味わうDIARY

レッズと音楽を美味しくいただきます

華の乱 2020 ツイキャス配信ライブDAY2 20200711

無観客の配信ライブ、初の対バン形式。DAY2ののラストが増井みおのいるBabooBeeだったので参加しました。

ツイキャスはかろうじてアカウント持ってました(^^;)当日チケットを買ってしっかりネットワークに繋げて…をやり、問題無いことを確認。
支払いはAmazonアカウントで処理できて良かった(^^;)やっぱりまだまだこういうの慣れません。

BabooBeeは21:10からのトリ。それまでもチラチラ他のアーティストを見てましたが、テレビ見たりゲームしたりしてたら…21:00になりました(^^;)

BabooBeeはいつもの入りからデビュー曲"Right now!"、"BUCHIAGE"、新曲の"パッパラ"、"すっぴんタイム"、"vision"と続いてあっという間終了。

ライブハウスの圧倒的"ライブ感"で見てきた彼らだけに、Room Ayakaとは違う物足りなさを感じたのは確かだけど、今日はBabooBeeの元気な姿とバンドとしての素晴らしさを確認出来ただけでも良かった(^_^)

まだまだ直接LIVEを味わうのは先になりそうだけど、こういうのがあると我慢できそう(^^;)

今度やるときもまたツイキャスでお願いしますm(_ _)m

f:id:unapy:20200712215303j:plain


にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

J1 away 仙台 20200708

J1再開後2戦目はアウェー仙台、ユアスタ
引き続き無観客ですが、ユアスタはレッズがアウェー感を強く味わう数少ないスタジアム。無観客なのはアウェー感少なくて助かるかも…

やはり仕事ではDAZN見ることも出来ず、ネットチェックでした。
スタメンは慎三→レオナルド、青木→陽介、長澤→ファブリシオのみ。周作とDFラインが変わらないのは予想通りだけどあと2〜3人くらい替えるかな…と思ったけど。

武藤がベンチ外れたのも意外だし、エヴェルトンのモヤモヤも晴れないし、その他2試合ともベンチ入りしないメンバーは…と色々考えさせられるけど、今年総力戦でないことはあり得ないので、大槻監督のマネジメントを信じるしかありません。

それでも陽介をMF真ん中に使ってる時点で、マリノス戦より繋ぐ事前提のはず。その完成度がどうかな…が1番の興味でした。

始まってすぐに汰木→健勇のシュートがあったけど、前半しばらくは完全に仙台ペース。
レッズは陽介入れてもビルドアップイマイチで、デザインされたようなシンプルなカウンターを何発も食らってしまいます。

岩波やトーマスに救われますが、もうちょい仙台のアタッカーに決定力があったらヤバかった…

せっかく健勇入ってるのでもう少しロングボール入れても…と思いますが、まだシーズン序盤だけにこのビルドアップの精度を上げたい気持ちもあるでしょう。ある程度のリスクはしょうがないかな…

ですが給水タイム以降なぜかレッズは仙台の守りをかいくぐれるようになり、前半終わり頃に山中クロス→レオナルド個人技でゴール❗

木山監督は試合後これを指摘してましたが、おそらく給水タイム中の指示でレッズの修正があったのは確かでしょう。
5人交替といい、試合間隔がなさ過ぎる点といい、降格が無い点といい…今年の特殊さに早くアジャスト出来たチームが優位に立ちそうです。

ところがこれで仙台に火が付いたのか、後半スタートからはまた前半最初のように仙台ペース。
カウンターから赤崎の素晴らしいクロスに山田が右足で合わせてゴール❗あっという間に同点(^^;)これはまあ…2人が良いプレーでしたね。

そしてそこからは5人交替の醍醐味。結果的にはレッズが勝ちますが、やっぱり今年は層が厚いことが重要です。
仙台もジャーメイン、長沢、西村を勝負所で出してきて、むしろ仙台の方が作戦的に上回ってるかな…と思いましたが、レッズの守り方的にはこの3人の方が抑えられるから分からないものです。
スペースが出来てカウンターノーガード殴り合いになると、仙台の3人の中盤では苦しくなってくるのかもしれませんね…

レッズは健勇に代わった慎三がポストプレーからのターンでゴール❗流石としか言えないレッズでの100点目で勝利。

f:id:unapy:20200712171936j:plain

決定力の違いと言ってしまえばそれまでですが、レッズは組み立てや裏をワンタッチで狙われた時の課題を出しながら勝ち点3を取れるという、ある意味理想的な再開後2試合目になりました。

試合後大槻監督は思ったより湿気で消耗が激しかった…な事を言ってましたが、これで3戦目のメンバーがますます楽しみになりました。

日曜はテレ玉で…かな。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Room Ayaka Vol.6 -ONLINE- 20200704

初のチケット代を払ってのオンラインLIVE。e+のシステムを使ってやったけど、これが驚くほどピッタリでした。

7月4日はJ1再開と同時にオンラインではあるけどLIVE再開の日になり、時間もかぶってしまいました。

unapy.hatenablog.com

でもLIVE大好きレッズ大好きの私には、これ以前からよくあること(^-^;特に土曜。
こういう場合、残念だけどLIVEを諦めるか、LIVEがとても大事な場合はレッズの試合をネット観戦にするか、時間がズレてる場合は必死に掛け持ちする…(^-^;だったけど、オンラインの場合はアーカイブという手段があり、なので絢香のLIVEの方が後から決まったけど迷わずチケットを買えました。こういうのがオンラインの良さですね…

細かい事を言えばコメントは送れないから、オンラインならではの臨場感?には欠けるけど、それでもRoom Ayakaのコンセプト的にはこれで十分以上でした。


Room AyakaももうVol.6。絢香のFCイベントとして絢香が最初から言っているのが、FCのみんなを部屋に招待したようなゆるい雰囲気で普段のLIVEとは違う感じを楽しんでほしい…と。

今回はギターの古川さんと2人だけで、部屋の一角に座ってるような感じでLIVEをやってくれたけど、誰かがコメントで言ってくれた通り、まるで最前列で見てるみたい❗がまさに最適な表現(^^)

PCをワイヤレスのスピーカーに繋げて自分のポジションに合う位置に持っていけば…素晴らしい臨場感❗🎵(^^)

LIVEは自分のいる場所によって音がイマイチな場合もあるし、ホールのサイズによっては顔がハッキリ見えない場合もあるしね…

それが、古川さんが緊張しちゃうんじゃないかと思うくらい(^^;)手元がアップになる場合もあり、絢香や古川さんと向かって座ってるような感覚を味わえます🎵まさにRoom Ayakaでしたね(^^)

ここまでRoom Ayakaに合うとは予想外でした。
率直に言って、普通のLIVEはともかくとしてRoom Ayakaは毎年オンラインでもやった方がいいんじゃないかと思ったほど。地方のお客さんはこの方が参加できるしね。

曲は遊音倶楽部が中心。"Love Love Love"はやっぱりいいなぁ…♪(^^)絢香の低音サイコーです♪(^^)
サビだけは今まで何回もやってくれてたけど、"天城越え"をフルで、しかもギターソロのみは画期的でした。そしてとんでもなくカッコいい♪(^^)

恒例の絢香画伯のコーナーもあり、絢香を身近に感じられる狙いは文句なし。
絢香も言ってましたが、普通のRoom Ayakaではコメントがいっぱい来ることも無いので、画伯に対して言いたい放題の問題はあるにせよ?コミュニケーションはいつも以上でしたね。

初のオンラインLIVEは楽しかった❗(^^)これはチケット代を払う価値があるし、また第2波とかになってしまった時にも、この経験が希望になる気がします。

再来週18日は本来やりたかったLIVE遊音倶楽部のオンライン版。
アフタートーク含めてチケット買いました。楽しみ〜♪(^^)

f:id:unapy:20200711175657j:plain

にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

J1 埼スタ vsマリノス20200704

約4ヶ月以上ぶりのJ1公式戦。ここまでホントに色々なことがあり、ある意味濃密な4ヶ月を過ごしたけど、再開を迎えるにあたって何とも言えない感情が湧き上がってきます。

もちろん嬉しいけど、まだまだコロナ禍は続くかもしれず苦しさのピークはこれから来るかもしれない…という複雑な状況。
8月から埼スタに行けるかどうかもまだ怪しいから、この不透明感が素直に喜べない気持ちを増幅させます…

それでもレッズは新たな、大きすぎる1歩を踏み出した事は間違いない。
ここに来るまでの障害の大きさを考えると、埼スタ無人コレオを見て感極まらないサポはいないはず。

f:id:unapy:20200706220915j:plain

レッズは確かに恵まれたクラブですが、図体が大きい分マイナスもどうしても大きい。
レンタルのエヴェやオファー来てるかもしれないマウを引き留められる財政状況じゃないからベンチにいない…可能性もあるなぁと思いつつ…

スタメンにレオナルドや関根がいないのも驚いたけど、全体を見ると意図がハッキリ伝わります。
特に健勇が入ったのは納得で、中断前の2試合でチームとして良かったのは健勇が入っていた仙台戦の方だと思ってたから。

彼にはレオナルドや慎三とは違う、モビリティとターゲットとしての高さとプレスをかける時の圧力があります。

特にサイドに流れてターゲットになれるのが大きく、岩波もトーマスもフィードが良いからマリノスのプレスを避けるのに役立ちました。

橋岡クロスの決定機を決めてくれれば文句なしでしたが、健勇は大槻監督の戦い方に欠かせない選手であることを証明してくれました。

チームとしての動きを見てると、後半はかなり押し込まれたけど、3ラインをコンパクトに保っていく強い意志を感じました。
今年のレッズはこれが生命線になるんでしょう。柴戸と青木が真ん中に入るとDFの強度は上がるし、柴戸は徹底的に穴をカバーしてたし、トーマスはスピードがあってカバーリングが秀逸でした。

何より選手たちのプレーに迷いが感じられないのが良かった。
試合勘の無さと引き換えに再開初戦のモチベーションブーストがあったのは否めないし、持たれる相手への策がハマった感もあるけど、少なくとも堀監督以降の多くの試合で見られた消化不良感はあまり無かった。町田戦とは全く違うチームでしたね。
正直コレとケガ人が出なかった事だけで今日は十分過ぎ。このコレオに対しての周作のコメントは泣かせるものでした。

大槻監督はこれが基準で後は成長するだけ…な事を言ってくれたけど、多くの人がそう思ったことでしょう。
次の仙台戦はおそらくガラッとメンバー替えて競争を煽ると思いたい。そしてそこからの底上げが無いと今年は厳しいシーズンになってしまうでしょう。

今日の1歩はとても大きかったけど、これが価値のある1歩になるかは今後の選手スタッフサポーター次第。
今日の想いを忘れることなく一緒に戦っていきたいな…

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

LIVE復活記念の2020年7月4日

長い中断を経てJ1が7月4日から再開。また、YouTubeとかの動画では見てたけど、初めて有償でチケット代を払ったLIVEをオンラインで見る"絢香 RoomAyaka Vol.6 -ONLINE-"も7月4日。

両方ともホントの意味での"LIVE"ではないけど、コロナ禍を経てやっと戻ってきたLIVEへの第1歩として、同じ日にあるのは記念日になりましたね(^-^)

とにかく長かった〜…💦

週末には埼スタやawayに行き、また毎週のようにLIVEに行っていた日常が遥か昔に感じられます…

この日常がホントに有難かったんだな…とつくづく思います。

それぞれのレビューはまたやりたいけど、7月4日は素晴らしい日になりました。
また感染者が増えてきたり障害もあると思うけど、少しずつ乗り越えて直接LIVEを見れる日を楽しみにしたいです(^^)

f:id:unapy:20200705173319j:plain

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

レッズ❤を確認する6月⑨

永井雄一郎

Jリーグが始まった時に、華やかさはヴェルディ男臭さはレッズ…みたいな色分けが明らかにあったよね…な話をしましたが、異色の華やか部門トップ(たぶん)が永井。

デビューが鮮烈で、1997年開幕マリノス戦で素晴らしいドリブルを見せてくれました。
それまでのレッズで高卒新人がいきなり大活躍することはまず無かったので胸躍りましたね〜♪(^^)しかも長身のシュッとした選手とは驚きでした。

ただその鮮烈さが仇となって、その後はギャップに苦しんだ印象があります。
カールスルーエに1年くらいレンタルされますが、それも成功したとは言い難く、戻ってもレギュラーを取れたら外国籍選手が来てサブ…を繰り返した感じもします。当時のレッズは毎年補強してたしね(^^;)

それでも永井はめげずにエメやトゥットやワシや達也たちと競い、大事な場面で決めきる勝負強さを見せてくれました。
さらにスケールの大きいドリブル突破やシュートを見せて、才能を発揮しました。そこがその他大勢の、消えていった期待の選手たちと違うところで、レッズのリーグ優勝やACL制覇に貢献してくれましたね(^^)


【伝説のゴール】永井独走2004年VSヴェルディ戦SPECIALVersion

これも何度見てもスゴい(^^)そしてこのドリブルの独特感も永井ならではで、やはり彼はスターでした。

レッズに2008年まで約10年いてくれた後は清水、横浜FC、和歌山、群馬…と動いて現在は神奈川2部のはやぶさイレブン。そしてそこの監督はレッズ華やか部門上位?の阿部敏之という巡り合わせ。やっぱりサッカーはエンタメとして華やかな方がいい〜♪(^^)

レッズは今でこそ健勇や汰木がいるけど、一時はトシやヤジを放出する暴挙?陽介や槙野もカッコいいけど華やかとは少し違うもんな…

永井は行く先々でクラブや地域を明るくしてるでしょう。いるだけで気持ちを上げてくれる稀有なプレーヤー…体が動く間は頑張って欲しいな。

f:id:unapy:20200627160631j:plain

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

レッズ❤を確認する6月⑧

坪井慶介

レッズ史だけでなく日本サッカー史に残るスピード系ストッパー。
他に思いつくのは…鈴木秀人や薩川くらいかな。とにかくこの選手が後ろにいるだけで、安心感は絶大でした。

大卒で実戦的なだけじゃなく、人柄も良くて愛されるキャラでした。水内さんの後継者?狙ってる感じかな(^^;)

レッズに入ったタイミングも絶妙でした。J2から上がった1年目2001年は混迷具合でベスト(ワースト?)3に入る年(^^;)
混迷し過ぎたからエメが獲れたのかもね…と思うほど(^^;)で、今度こそホントに本腰を入れてチームをリビルドする…でオフト監督とヤンセンコーチに来てもらって1からチームを作るタイミングでした。

過去を振り返っても、ここまでチームを最初から作る工程を見れた事は無かったです。ホントに寄せ集めからスタートするのってこんな感じかも…と思えたほど。

なんと最初はパスを相手の足元にしっかり付ける…だった(^^;)他にもトライアングル、受け持ったマークは地の果てまで追いかける…と、当時でも驚きの超シンプルサッカー。

クラブに入ってすぐに試合に出れて、基礎の基礎からみっちり教わってチームと一緒に成長していける…ここでクラブに入った坪井や平川・堀之内・長谷部にとっては最高のチーム状況・環境だったでしょう。

坪井はそんな中で驚きのマンマーク能力とカバーリング能力を発揮して、オフト監督のチームに欠かせない存在に、いきなりなります。

だけど最初は、いくらエメがいても結果は出ません。それでも徐々にチームがチームらしくなって、ちょっとずつでも進歩してちょっとずつ結果が出るのを見るのはとても楽しかった。

もちろんしっかり守ってれば後はエメがなんとかしてくれる…があったのは確かだけど、超シンプルが故に運動量が多いしインテンシティも高いし頭も使うサッカーは大変さが伝わりました。

そういう、大変だけどやることがハッキリしてるサッカーで坪井は本領発揮しました。足はとんでもなく速くて戦術に忠実。彼にマークされた選手は傍目にも嫌がってるのが分かりましたね。

翌年達也覚醒して、カップ戦で最強になったレッズ。ファイナルで勝ってついに初タイトル〜♪(^^)ホント嬉しかったな…
エメと激突した時は心臓が止まるかと思った(^^;)包帯ぐるぐる巻きで出てきて奮闘してくれて、感動しましたね。レッズでのハイライトの1つでしょう。

その後レッズは黄金期を迎えますが、監督がオフトからギドに変わっても坪井は重用されました。むしろギドの個人能力重視にも合ってたかもしれません。
パートナーの外国籍選手はゴツい選手が代わる代わる来てくれたけど(ゼリッチニキフォロフ・アルパイ・ネネ…ある意味闘莉王も)、彼らにとってもスピードのある坪井の存在は相互補完という意味で実力を発揮できた要因でしたね。

ただ、ほぼずっとレギュラーを譲らなかった坪井も、フィンケ監督になって改革する頃になると、4バックを使うようになったこともあって苦戦しました。

ラインディフェンスの動きだったりスペースを見るディフェンスになると、坪井の強みが少し薄れる感じはありました。
またビルドアップに難点があるのも確かなので、流れ的にオールラウンダーが求められるとスペシャリストは厳しいです。

そこへミシャがやってきてさらに足元を求められるとどうなるかな…と思ったけど、3バックになったのもあってまさかの(^^;)復活。

1年目は最終節で感動のACL枠入りと良いシーズンだったけど、坪井はぎこちないながらミシャサッカーに付いていけたのはホントに驚きました(^^;)

翌年モリが来てさすがにサブになり、湘南→山口で引退。身体能力を武器にする選手としては長持ちしたと思うし、最後の方は経験をチームに伝える役割が出来てましたね。

そしてやっぱりレッズを助けて欲しい。岡野もそうだけど、レッズには這い上がってきた泥臭いメンタリティがどうしても必要です。頼む〜♪m(_ _)m

f:id:unapy:20200620233220j:plain

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村