UrawaなRedsにdelicious live

レッズのコト、音楽のコトをおいしく

J1 home vsサガン20170923

今日は浦和に用事があったので東口からバスで来ましたが、相変わらず客を捌けないというか…バスはどんどん来てるんだからもっと乗せて発車してを素早くやればいいのにとホント思う。
立つ人を出来るだけ乗せて一台当たりの売上を上げたいのはとってもよく分かるけど、ほとんどの人が座りたがるのはこれだけ長い間シャトルバスをやってればさすがに理解してるはずでしょう(>_<)
しかも列の後ろとか途中に人がいてしっかりチェックして連絡取りながらやってこれ?って思っちゃう。
なのにどんどん列は長くなっていくし。
帰りも含めて何とかしてほしい。別にレッズがやってるわけじゃないんだけど、こういうのでまたアクセス悪い感が強くなります(^^;)


そんなイライラからスタートした?バスの中でスタメンチェック。
やっぱりなかなか希望通りにはならないですね。
陽介、ウガ、那須はやはりまだまだ難しいんですね。
そして平川は打撲で外れてて、4バックがかなりの綱渡りだとわかります。

そういった適性の問題プラスやり方の問題で、特に前半はサイドが機能しません。
特に右サイドは全くダメで、私が見てるバックスタンドとは逆なので余計にかもしれませんが、駒井がボールを持って前を向いたのあったっけ?っていうくらい印象にありません。

槙野も当然のごとくけっこう上がり、アンカーの阿部ちゃんもあまり落ちないので、後ろは航とマウリシオだけでケアしてます。
そして航はやはり本質ディフェンダーじゃないので、イバルボに大苦戦。
1点目はまさにそこを突かれた感じでしょうか。

右にはボールが回っても渋滞しちゃっててスペースがありません。
駒井もモリも調子悪かったのかもですが、特にモリは平面1対1で全くのスピードミスマッチで、勝負になりません(前からですが…(^^;)
やはりモリや槙野を使うなら、2人の特性を活かすためにもミシャ式にするかシンプルな3バックの方がいいのは間違いないでしょう。

左のトシも、相変わらず開いてボール貰っても縦に抜けられるもらい方ではないので相手もあまり厳しい感じになりません。
右に持ち替えてのクロスや切り込んでシュートだけ警戒すればいい感じで、読みやすいのです。
トシも工夫して、抜ききらないでの左足クロスが何本がありましたが、あまり有効ではありませんでした。

今日が引き分けになってしまったのは、この前半の停滞で、先行される展開になってしまったのが原因でしょう。
入りが悪いとかも多少あるかもしれませんが、それよりもスタメンとシステムの相性、ゲームプランが良くない…ってことだと思います。

前半の中頃からはだいたいの時間がハーフコートマッチになって、いつでも点が入りそうな反面、いつでもカウンターを喰らいそうな感じになります(^^;)
鳥栖がかなり割り切っていたのもありますが、ほとんど前からはプレッシャー掛けず、ゾーンに入ってきたときだけ必死に人に当たる。
ゾーンが狭いから彼らのフィジカルが生きてなかなか前を向けない。

駒井から長澤に変えて武藤を右に出します。
これで右サイドに動きが出来てバランスが改善されて、ますますハーフコートマッチになりますが、当然後ろもますますおろそかになっていきます。
追いついた後、すぐにフィードからのカウンターでやられてしまったのは必然でした。
あれだけ籠もっていれば、一発のカウンターに狙いを絞るのも当然です。

ズラタンを入れ、航が右に持ち出してそこからのクロスに武藤が本来の点で合わせる形でなんとか追いつきましたが、武藤が右に出ざるを得ないところにレッズの苦しさを感じます。
慎三、阿部ちゃん、武藤、航たち主力がかなり消耗して勝ち点1…これはつらいです。

上海では何か特別な策があるのでしょうか?
守り倒すのはまず無理だと思いますが…
ひょっとしてそこにラファとカウンター作戦を用意してるとか?
怪我人の状況次第もあるのかもしれません。
せめて1点差以内で帰ってきて欲しいですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

逆境を逆手に

レッズの状況が1ヶ月くらい前より少し苦しくなってきました。
ミシャが解任される前よりは遥かにマシだと思いますが。

堀監督の導入した4-1-4-1(4-3-3)は、ラファとトシをサイドハーフにして以降ミシャ式とはだいぶ変わり個人能力重視の要素を入れてきました。
それ自体は私もスゴく良かったと思いますが、怪我人続出とポジション適性に疑問のある選手が何人かいることもあり、ここまで機能してるとは言い難い状況です。
良かったとハッキリ言えるのは柏戦の前半くらい…かもしれません(^^;)

ルヴァンカップ天皇杯も敗退し、J1も厳しい順位、ACLで上海に勝つのは並大抵ではありません。
ましてやここまでハードスケジュールだと戦術を調整することすら大変なタイミングです。
少なくともaway仙台戦までは今のシステムとやり方で突っ走るしかないでしょう。

では鳥栖戦はどうしたらいいのか?
私は特に4バックとサイドハーフに手を入れるべきだと思います。
青木が出場停止でアンカーを航に。4バックは平川(モリ)・マウリシオ・田村・菊池(ウガ)。サイドハーフは右矢島左ウメで絞り気味に。鹿島戦もそんな感じあったみたいだし。
ACL見据えてのローテーション要素はもちろん、サイド攻撃でサイドバックを生かす感じにしたいですし、この方が個人の適性に近いと思うのです。
あとはズラ(慎三)、長澤、駒井(陽介)ですかね。

矢島はよりゴールに近い方がいいですし、長澤はキープ力とリンクさせる力、駒井は持ち上がる力を活かしたい。
で、サイドバックは右左どちらかだけ上がるようにする。
これだけでかなりバランス良くなるし、個人の能力を活かすようにすれば、普通に勝てる…と思いたい(^^;)

確かにチャレンジな感じですが、いないメンバーの所が得意なメンバーを入れてあげれば、逆境を逆手に取って勢いをつけることも出来ると思うので。

がんばってほしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

天皇杯4th RD vsアントラーズ20170920

またもや仕事しながらのネットチェックのみで簡潔に。

榎本、長澤スタメン良かったですし、アドも10分だけですが出てるみたいですね。

勝敗はしょうがないと思いますが、やはりもう少しジュビロ戦とのプライオリティの差をハッキリして欲しかったですね。
今の堀監督の立場ではそこまで踏み込めなかったということなのか、それとも堀監督はそれが出来ない監督なのか、微妙ではありますが検証する必要があると思います。

陽介ベンチにも入ってなかったんですね。
川崎戦はちょっとムリをしたのでしょう。それもしょうがないです。

次の鳥栖戦は、4バックとサイドハーフのメンバーに手を入れるかに注目したいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

トヨタの新スポーツカーブランド

ニュースで報道されてますが、トヨタが新しいスポーツカーブランドとして「GR」を展開するとのこと。
従来からあったブランドGAZOO Racingの頭文字を取っていて、専門店を29年度中に39店舗開くというからスゴい。

豊田章男社長らしい考え方だなぁと思うのと同時に、こんなことは少なくとも日本ではトヨタしか出来ないな〜と思います。
今みたいにミニバンとエコカーと軽だけになっちゃうだいぶ前から、スポーツカーやクーペ等の車は日本では信じられないほど全く売れてません。

レクサスRC Fについて書いた時も、500万以下の運転趣味のための車は作らなくていいと思う…としましたが(^^;)それだけ圧倒的に売れない分野の車だけの販売店を39店舗も作るとは正気の沙汰ではありません。

車種を見るとプリウスとかのレーシングバージョンとのことで、スポーツカーとはちょっと違うのかもしれませんが、それでもかなりのチャレンジなのは間違いなく、トップの社長自らがレースカーを運転できるような人で、資金力のあるトヨタならではでしょう。

今後スポーツカーや普通のクーペ系の車にも手を出してくれるならいいなぁと思いますが、おそらく当面はメーカー系の部品でチューニングした車の販売が中心になるんでしょう。
86も自分仕様に出来たり…へ広がっていくかもしれません。

若い人に車の楽しさを知って欲しいっていう意図は分かりますし、これによって安くて楽しい車の選択肢が増えるようになってくれればなとも思いますが、定着にはスゴくハードルが高そうだなぁってことと、正直苦肉の策感が否めません。


感覚的には未だに日本社会は趣味の車や高級車が贅沢品で愚かなものだという考えを完全に捨てきれてなく、さらに今のエコ時代に至っては燃費が悪くて少人数しか乗れない車は罪悪でしかなく、世間から攻撃される対象でしかないように思えます。

トヨタのこういった努力が報われて欲しいなと思う一方、悪の車じゃないよという免罪感を武器に売れまくった車がプリウスとかのハイブリッドだと思うので、そんな日本社会の特性や空気感を上手く利用したメーカーが、真逆っぽい車の文化を定着させたいと言われても…という冷ややかな気持ちもあるわけです。


それだけ全体的な車離れが深刻だということでしょう。
私たち40代とかその上の車に親しんだ世代がまだまだ健在なのに、これだけ市場がシュリンクした上に軽が売れまくって単価も落ちるということは、そりゃ海外メーカーが東京モーターショーに出てくれなくなるよな〜です(^^;)
ここに狩猟や民族移動のための馬の延長に車がある欧米と、農耕民族村社会の日本とのDNA的違いまで根っこにはあるように思えて、希望的観測をなかなか持てません。

トヨタは以前軽自動車優遇に反対してますが、それは当時自分が軽を持ってないから…が1番大きいのもありますが、ただの足というだけでない車がもっと売れないと車社会全体が廃れるんじゃないかという危機感もあったはずです。
結局国や地方自治体は税収だけは確保したいけど、世間の悪者である車を援護した立場だけにはなりたくないからハードルを下げたりとかは絶対にしないので、業界トップのトヨタとしてやらざるをえない…っていう一面もあると思うな〜(^^;)


39店舗のうちのどこかに1回行ってみたいなと思いますし、発売する車にも注目したいと思います。

昔のトヨタ2000GT、ユーノスロードスターのような名車が出れば急に流れが変わり、そういう販売店網を敷いたトヨタが創業者利益を得る…なんて美味しいことになる可能性も若干ながらあると思います(^^;)
レクサスLFAも1つ間違えればそうなってたかもしれませんし、それが日本社会の面白いというかよく分からないところだとも思うので。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

絢香 LIVE @大宮ソニックシティホール20170918

絢香のLIVEツアーが今年もスタートし、3年前と一緒で、ピアノ塩谷哲とギター古川昌義との3人のみ構成で回ると。

3年前は確か5カ所くらい参加していて、スゴく良かったから今年も楽しみだな〜と思うのと、とても正直に言えばまた同じなのね…と思ったのも事実。
去年は10周年でベストを出していたからそれに沿って回るっていう分かりやすい感じだったけど、今年はアルバム出してるわけじゃないから難しかったかもですね。

と言いながらも、結局大宮、国際フォーラム、武道館の3カ所はチケット取り、3年前と違うのは地方に行かないだけと(^^;)
去年は10周年でアリーナツアーだったから大きいところばかりで残念だったけど、ソニックシティのような2,3千人クラスはやっぱりいいですね。
アコースティック(に近い)だと余計そうなります。


今回の大宮の席は1階ほぼ真ん中の11列目。たまたま前の席も空いていて、正面に絢香の顔がくる絶好のポジション。
ソニックシティはそんなに新しくないのでステージからの距離感も素晴らしく、最高です(^^)
写真も間違いなく写ってるでしょう(^^;)

そして、アコースティック(に近い)の場合、できるだけステージに近く、ピアノやギターの楽器の響きが体感できるくらいがベストポジション。LIVEの真髄が味わえます。



LIVE終了しました。新曲や未発表曲以外は真新しさ無かったけど、やはりこの3人のステージには3人とは思えないパワフルさに圧倒されます。
そして一緒に歌うところでは、2人の伴奏に乗っかって歌えるという、この上ない贅沢さを味わえます。

3年前と変わったところはあまりないのに、結局途中からはノリまくってしまいました。
もはや私にとって水戸黄門みたいな3人なのかもしれません(^^;)

絢香も相変わらず素晴らしい声でした。むしろパワフルなところと、繊細なところとのメリハリが以前よりも上手くなったように聞こえました。
アコースティック(に近い)でもこれだけ盛り上がる。
周りの客がどんどん引き込まれてくのが伝わってきて、それに自分のノリもリンクして上がっていく。
それにつれて3人もどんどんノリノリになっていく…
もう最高です(^^)これ以上は望めないくらいでした。

また同じなのね…と思ってしまった自分として反省します。
今度の国際フォーラムがすごーく楽しみになりました(^^;)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

J1 away vsジュビロ20170917

今日は台風ですし、明日の午前中までは予定入れないでいました。
なので、今日はレンタルしてきた映画見ながらネットチェックです。

メンバー確認。
やり方とシステムはおそらく一緒ですね。陽介と阿部ちゃんベンチは予想通りですが、阿部ちゃんは休ませるならベンチ外でも良かったのでは…勝っていたら途中投入もあり得るってことでしょうか。
慎三はコンディション良くなさそうですが、ここもスタメンということは大丈夫だと信じるしかないですね。
天皇杯を考えるならズラタンもアリだと思いますが。

平川スタメンは驚きですし、モリも出るということは平川右サイドハーフ
これはかなりビックリです。
ラファは確かに右サイドハーフ合ってませんが、ラファじゃないなら駒井かウメが妥当でしょう。
駒井とウメが2人ともコンディション悪いとか…でもウメはベンチ入りしてますね。駒井は怪我でしょうか?
ちょっと意図が分かりません。あるとすれば平川とモリをどんどんポジションチェンジさせて流動的に…くらいしか思い当たりません。
そして、左のトシからと合わせてクロス主体でサイド攻撃する…ですかね。
でもそれならズラタンスタメンかなぁっていうところもマッチしませんね(^^;)

結論、同じシステムとやり方なら、もっと選手の適性を考慮してほしかったです。
少なくともレイソル戦、ACLフロンターレ戦と2回やってある程度見えてるのだから。
ラファを休ませたのは彼の怪我しやすさを考えてもすごく良いと思いますが、その代わりは打開力考えてウメか駒井でしょう。
左をトシで続けるのも分かりません。サイドに張ると、フリーの時のクロスぐらいしか良さが出ません。もっと言えばこの4-1-4-1だと彼の適性ポジションは無いです。
4バックのセンターは田村を試して欲しかったし、航アンカー青木インサイドハーフの方が合ってると思うし…

堀監督は組織力と個人能力の重視バランスを上手くとり、コンディションもミシャよりは重視し、交代も理にかなってると思いますが、スタメンのポジション適性判断が良くないです。
もともとミシャのやり方で集められた選手っていう言い訳はありますが。

でも堀監督はそこにチャレンジしなきゃいけませんし、1試合でも早く最適解を見つけて試さなきゃです。
この連戦で監督にしか分からないコンディション問題もあり、相手との関係もあるので変えるのが難しいのはよく分かりますが、やはりここはもう一歩踏み込んで欲しかった。
ACLフロンターレ戦が、結果と盛り上がりは素晴らしかっただけに余計そう思います。



試合終了。1-1ドローですか。
内容押してたようですが決定機外し、セットプレー1つやられ、慎三の点で追いついたけど遅かった…っていう感じでしょうか。

セットプレー1つはまあしょうがないでしょう。
むしろもっと早く追いつくか先制し、逆転しなきゃいけなかった。

ウメが後半スタートから出られるなら最初からに出来なかったかなぁと思いますし、ゴールシーンを見ると青木はやはりもう少し前が生きるかなと。

堀監督!スゴくすごーく大変だとは思いますが、ここが踏ん張りどころです。
ガンバっていきましょ〜(^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

レクサスRC F

初の車・ドライブネタです。
本来私の1番大好物のはずですが、諸般の事情により何年か前からクルマ持ってません(^^;)
ま、そのおかげでレッズや音楽関係にもっと金使えるようになったんですけどね…

持たなくなった理由は1番大好物だけに色々ありますが、単純に食指が動く車が少なくなったのが最も大きいですかね。
今発売される車はほとんどが生活の足か、金持ちのための車で、私みたいに金がなくて車を運転することが趣味の人間にはますます辛い時代です。
もちろんエコの時代ですよ〜は十分理解してるので、もはや500万未満で運転することが趣味の人のための車は効率化とエコのために作らない方がいいんじゃないの?っていう境地まで達しました(^^;)
実際そういう車は出しても売れないからホント減りました。
もはやそれで良いと思います。

まだ駐車場が安いエリアに住んでるなら多少事情は変わりますが、趣味としての車はあまりにもコストパフォーマンスが悪すぎます。
なので多少高くてもいい車が出てくるまでじっくりと待ち、その間に維持費が全くかかりませんから次の車を買うため貯金をしようかな…と考えて既に5年くらい経ちました(^^;)
その間はたまのレンタカーやカーシェアでガマンです。

このまま何も出なかったら何年後かにS660でも買おうかな…と思い始めたところへ出てきたのが、レクサスRC Fです。といっても既に3年くらい経ちますが。

成り立ちとしては、私たち世代には懐かしいソアラの流れを汲むクーペで、RC FはV8の5LNAエンジンを積む走り特化モデルであり、何年か前に数量限定で出たLFAを継承する意味もあるモデルです。

何はともあれこの今の時代にV8の5LNAエンジンをトヨタがやること自体がスゴいです。
フェラーリのようなプレミアムブランドさえターボ化ダウンサイジングする時代に、です。

以前あった、セダンのIS Fも似たエンジンを積んでいて、中古が欲しくなった時期もありました。
もうこんなエンジンを積んだ車は、少なくとも日本ではもう出ないかもと思ったからです。

それでもまた新車として買えることに感動します。
1千万ちょっとくらいするわけですが、成り立ちやエンジンの希少さを考えるとむしろ安いかもとすら思ってしまいます。


正直格好は質感高いけど良くも悪くもないです。内装もちょっとゴテゴテし過ぎ感ありますし。
トヨタに限りませんが、グリルやエンブレムのデカすぎにはホント辟易しますし、押し出しも強すぎ、スタイルバランスはまずまずですが、ディテールに変にこだわり過ぎです。
ま、これ言い出したら今の車買えませんが…

でも、エンジンや乗り味が全てを覆すほど素晴らしいはずです。
DSGではなく8速ATなのも好感持てて、普通に走っている時はやはりトルコンATが最高です(^^)

買える環境になったら試乗してみたいですね。
そしてその頃にマイナーチェンジしてて、グリルが小さくなって、スタイルもシンプルになってたらもっと良いですけど…ま、それはまず無いか。
逆にこのエンジンはそんなに長く続けられないかもしれませんから、新車なら早めに買わなきゃかもです。

う〜ん…車の維持費がかからない生活に慣れちゃうと、買うのって難しくなるなぁ(^^;)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村