美味しいLIVEを味わうDIARY

レッズのコト、音楽と車のコトをおいしく

作り直し その2

去年のミシャ最後の頃から今にかけて、レッズは特にJ1では勝てなくなってます。その原因で私的に1番と思うのが、"攻撃時、組み立て時の迷い" です。

ミシャ最後の頃はリスク大きすぎとコンディション不良、堀さんの時はシステムや戦い方変更、オリヴェイラになってからは落とし込む時間が無い…が理由とは思いますが、レッズにいるほどの能力の高い選手達でも、迷いがあるとJ1で中位以下になってしまう。
逆に言えば、ミシャで安定してた時は戦い方に迷いが無かった。調子やコンディションの良し悪しはあっても、戻るべき家はミシャの戦術だった。
それがレッズの、他のチームに対しての基本的な強みだったけど、それが今は無い、ということでしょう。

ACLは相手が強くて迷ってる暇が無く、とにかく目の前の相手に打ち勝って前の選手達に預ける、スペースに出す…しか選択肢がなかったから、チャンピオンになれた。
もちろん運はあったけど、0コンマ何秒かの迷いが無ければアジアチャンピオンにもなれる。
それだけレッズの選手達には能力があるし、迷いの有る無しでチーム力は劇的に変化してしまう…かなと。

大槻さんの時は慣れたシステムに戻して思考をシンプルに、気合と根性にしたから迷いようが無い。
だから上手くいったんだけど、それは暫定監督の期間限定だから出来たこと。ここは大槻コーチもオリヴェイラも理解してるでしょう。

ミシャがよく、守備の形を作るのは簡単だけど、攻撃はスゴく時間がかかる…としょっちゅう言ってたのを思い出します。確かにそうなんでしょう。
だからこそ、オリヴェイラがこの中断期間中に
戦い方をどうするのか?これは、今シーズンのレッズの命運を決める、スゴく大事なポイントです。

最悪のパターンは、理想の高い戦い方にして理解できないまま勝ち点を積み上げられず、最後になってオリヴェイラを解任して…な流れになることです。

ただ、オリヴェイラはリアリストに見えます。ここまでの戦いで選手の把握はかなり進んだと思うので、その選手達の特性を生かして、かつ最低でも残留する…という戦い方にしてくるかなと予想します。

なので方向性として戦術はシンプルに、泥臭く戦って勝ち点を積み上げていく…になるかな。
新しい戦術の練度が上がらないで中断明けてしまうのが1番怖いのです。


システムは4バック基本にはなるでしょう。
で、まずは守備を構築し直す。まだまだ4バックのラインディフェンスが未熟なので、スペースの見方、スライドの距離感、タイミングを練習で上達していくしかありません。

やはり守備の土台がしっかりしないと、攻撃もグラつきます。0-0でもオッケーサッカーに変わる事を、選手サポ全員が理解して、ガマンしなきゃですね(^^;)

そして、オプションとして3バックも残しておくべきです。
4バックが上手くいかなかった時に、いつでも戻れるようにしておく。リスクマネジメントは常に必要かな。

そして、その後攻撃を構築する。これに関してはまた次やりたいと思います。


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

作り直し その1

ようやく直近3試合のコメント読みました。とにかく苦労が絶えない、今のチームの大変さがストレートに出てる印象です。

連戦の中でオリヴェイラのサッカーを落とし込むことは出来なかった。
たぶんオリヴェイラのサッカーは戦術で動きを縛るタイプじゃなく、局面の判断や技術やフィジカル勝負の積み上げで相手を上回るサッカーだということ。よく言えば大人のサッカー、悪く言えば地味。ミシャとは対極です。

これがオリヴェイラにとって、中村GM、クラブトップにとって想定内であることを祈ります。
当然その流れのすり合わせがあって、対策も決定していたからファブリシオを獲ったんだと信じます。



気になるのは、選手達の向いてる方向が一緒なのか、メンタル的に健康なのか、微妙に感じることです。

もちろん基本的なシステムや戦い方、1対1で勝つこと、攻守の切り替え…等は共有されてると思いますが、局面局面の対応や試合の流れに応じた戦い方、組み立てのディテールとかはズレが大きいように見えます。

まあそれが連戦中に監督が替わったことの難しさで、プライドの高い選手達の集合体として、当たり前といえば当たり前ですが。

そして、監督が続けざまに代わってることの代償として、メンタルも健康とは言えないように見えます。特にキャプテン…

それがダメだと言ってるわけではなく、むしろあれだけミシャファミリーとして団結してたチームの反動として当然の反応かなと。
そこをクラブがどれだけフォロー出来てるかが問われるわけです。
正直全然出来てないように見えますが(^^;)


オリヴェイラは以前、キャプテンも状況に応じて変えるのを好みますと言ってました。
今は陽介キャプテンの悪い面が出てしまってるように見えるので、陽介のプライドに問題なければ変えるのも手だと思いますね。
彼のコメントを見てると、悪いときに抱え込んでしまうところが出てしまってるなと。
代わりは…残り半年限定で阿部ちゃんに戻すか、長澤か航かな。

で、レギュラーの年齢を下げて活力を高める…のも1つの手だと思いますね。
ただでさえ暑くなっていくからスタミナが必要だし。


色々考えると、このワールドカップ期間でチームを作り直すくらいの荒療治が必要な事はハッキリしてます。
オリヴェイラのチーム把握、問題把握もだいぶ進んだと思うので、改革に期待したいです。

昔よく"聖域なき構造改革"という言葉が使われたけど、今レッズにはそれが必要だし、たぶんオリヴェイラもそのつもりでしょう。

これについて来れない選手は切り捨てて、別途補強するくらいのところまで必要かもしれません。

"聖域なき"なので、ホントはクラブトップですら……と言いたいとこところですが。


何回かに分けて作り直しをやっていきたいと思います。


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ルヴァンPO home 甲府20180609

今日も行事でネットチェックすら出来ず。さっきハイライトだけ見ました。

これが今のレッズの実力ということでしょう。

トレーニングキャンプをひたすら頑張り、少しでもコンディション・チーム力を上げて、相当な覚悟でワールドカップ明けの連戦に挑まなきゃです。

もちろんみんなまだ優勝を諦めてないと言うでしょうが、やはりまずは残留。レッズサポはその苦しさを忘れてません。

この試合の2点も慎三の個人的な素晴らしさ要素が強く、言い方を変えればそれが出たのにチームとして逆転しきれなかった、チームとしての未熟さが出てしまったといえます。


ぶり返しますが、この短期間でここまでチーム力を落としてしまった内容の検証と責任が、現場責任者たちのクビだけでうやむやにされてしまってるのが、最大の問題です。

ナバウトを補強し、中村GMと契約して、オリヴェイラを呼んで少しはモチベーションやインテンシティが上がってるとは思いますが(堀さん時代比)、まだまだかみ合わない。
チーム力はJ1下3分の2とJ2上3分の2の大きな団子の中にバリバリ嵌まっちゃってます。

なんで今までプロのGMを入れてなかったの?とか、プロじゃない人が強化責任者をやってきたことの結果が今の体たらくを招いてるんじゃないの?というところの議論が完全に欠落している。

サポが不安になるのは、そこの現状認識がクラブとしてあまりにも甘すぎる気がするから。そこまで酷くないよ〜自分たちに責任はたいして無いよ〜というクラブトップの心の声が聞こえるから。


クラブやサポ、関係者全員が一体となって難局に立ち向かわなきゃならないときに余計な事を言うなと聞こえてきそうですが、プロクラブとして肝心なこの部分をスルーしてきたから、25年経ってもレッズは成長できない。

表面的には色々変わってきてても、根っこの部分は変わってない。今もオリヴェイラに丸投げされてるだけに見えます。
厳しく言えば、後の施策は表面的に取り繕ってるだけ。芯の部分の進化が無い。


今までにも何回か言ってますが、このままどんどん客が減って、J2に落ちてしまった方がホントのレッズのためになるんじゃないかと、ますます思うようになってます。

あれだけ苦しんだJ2落ち、降格争いを経験しても、まだレッズは変われない、というか変わったように見えても本質は変わってなかった…です。

それならもっと落ちるしかない。クラブ自体を根っこから変えなくちゃいけない。
それが嫌なら、クラブはトップから末端までホントのプロにならなきゃいけない。
オリヴェイラがクラブで働く人全員を集めて話をした…みたいなのがありましたが、結局そういう事だと思いますね。


今すぐにでも、です。猶予はありません。J2落ちしてから変えるのか、今すぐ変えるのかの2つしか選択肢はありません。


それが無い以上、クラブには真剣さ、危機感が足りないと言い続けるしか無いですね。あまりにも甘すぎ、のほほんとし過ぎてるんです。

それで乗り切れるほど、特にDAZNがスポンサーに付いてからのJリーグは甘くありません。

社長、よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

天皇杯 2nd Y.S.C.C横浜 @駒場20180606

月初だし、週中とはいえがんばってみましたが…やはりダメでした(x_x)

ネットチェックしてる余裕すらなく、ひたすら仕事とのおっかけっこ…試合が終わってしばらくしてからようやく結果だけ確認。

オフィシャルサイトで"内容に課題残るも"ってあまり見ないような気がします。
それだけ良くなかったんでしょう。しかも甲府戦とほぼ変わらないメンバー。

得点もオウンゴールとPKが最初の2点。不満が残るのは当然です。

でも、天皇杯ってこうなりがち。天皇杯しか残らない可能性のあるレッズには絶対落とせない試合なので、これでもまだよしとしないと、かな。

長澤のケガが心配ですが、脱臼ならまあまだ…クセにならないよう注意して欲しいです。


ムダ走りが少ないのはオリヴェイラの負荷の高い練習も原因の1つとは思いますが、それ以前もそれほど動けていたわけではないので、たいした原因になってないかもしれません。

直輝にはチャンスです。

次で大爆発で逆転なら一気にレギュラー…も夢ではない。
オリヴェイラが言うことも、全部が脚色ではないかもしれません。

他の当落線上の選手達も含め、次の試合は気合いと根性、大槻さんイズムでがんばってほしいです。



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ルヴァンPO away甲府 20180602

6/1〜3の金土日は旅行、親戚廻り、SHISHAMOライブ、美味しい物三昧、お参り…とサッカーの要素ゼロのギュッと詰め込んだ週末で、ネットチェックも無しは久々でした。

なので監督選手のコメントや皆さんの意見を見るしかありませんが、完敗〜とにかくセカンドボールが拾えない…になるんでしょうか。

ただ、個人的にはJ1下3分の2とJ2上3分の2のレベルは大して変わらない説を唱えており(^^;)レッズは去年の中頃からバリバリのJ1中堅チームなことから、これも十分あり得るかなと。
オリヴェイラが言っていた、甲府が良かった説も説得力あるように聞こえました。

なので運動量の差もあるんだろうけど、ポジショニングとか、プレイの迷いの無さが大きいように想像します。
大槻監督の時のレッズは、とにかく必死さと親分ブーストで、川崎戦に勝ったのはカウンターが嵌まった…と考えれば辻褄が合います。

改めて、レッズはバリバリ中堅以下のチームなんだなと思い知らされてるように思えます。

レッズがやっぱりトップチームの一員であるなら、来週埼スタの利とか選手の意地とか関係なくサラッと逆転してしまうことでしょう。


個人的にはモリを途中からのボランチで使ったのは面白かった。
彼に適性があるかはともかく、オリヴェイラの選手把握が進んで、アイデアを怖がらず使っただけでも良かったです。


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

SHISHAMO LIVE @シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢 20180602

20年ぶりくらいの松阪伊勢志摩エリア。縁があるのでもっと来てなきゃですが、あまりにも久しぶり。
今回は2泊でお伊勢さん参り、親戚廻り、観光とか色んなコトをギュッと詰めました。

2日目の今日は朝松阪を出発して、伊勢市に9時前到着、そのまま外宮参りです。

朝なのにけっこう暑い。外宮を出たところにある赤福で、赤福氷いただきま〜す♪美味しい〜(^^)


伊勢市駅に戻って伊勢うどん〜@山口屋さん♪素朴で美味しい〜(^^)


バスで内宮へ移動。内宮参りです。

お参り終わったら、おはらい町でつまみ三昧〜(^^;)


お参り以外は散々食べまくって楽しめました〜(^^;)で、夕方宇治山田駅に戻ってきて、ようやくSHISHAMOのLIVEです。

会場は宇治山田駅の駅前と言っていいような場所。見た目もなんとなくデパートのような…
名前はシンフォニアテクノロジー響ホール伊勢。



大きさの割にキャパは1,200人と少なめ。上に高い構造で、音は良さそうです。
今回は1階の、さ列…前から11列目。左右ではまた松岡さん寄りですね。11列目としては、距離感かなりいいし、臨場感を味わえそうです。

LIVEスタート〜内容は基本一緒ですが、アニメの怪談編の後に、観光や地元の遊び場でロケした映像を流すのは彼女たち"らしい"です。
当然今回はおはらい町、おかげ横丁でやっていて、前日入りして行ってきたんですね。
あ、さっき行ったところだ〜が何箇所かあり、楽しめます。

こういうところが彼女たちのサービス精神旺盛なところですかね。
音楽はかなりストイックだけど、他はお祭り的に楽しんで欲しい…感が伝わります。

そして肝心の音楽は相変わらずスゴいです。彼女たちの雰囲気や、歌詞の中身でノリノリになりますが、真剣にじっくり聴こうと思えば本格的に浸れる感じです。
実際はみんなほとんど立ってノリまくりですが…

特にやっぱりボーカル朝子さんの歌声…というか節回しかな。演歌ではないけどね。
裏声もそれなりに使うし、音程ハズしも多いから一歩間違うとただの乱暴な感じになるけど、声量と迫力といざというところの上手さで完全に押し切っちゃう感じ。
サブの松岡さんがかなり可愛いめの声なので、SHISHAMOの世界がかなり独特になります。特に若い女性はこれ好きだろうなぁ。

新曲系、ヒット系、どんどん歌われてのめり込んでいけます。MCの時の朝子さんのSっ気も盛り上がりにサイコーで、とにかく楽しい(^^)

結局2時間40分くらいと長めですが、とにかくあっという間(゚o゚;
この後の夕食には不利になったけど、楽し過ぎて問題なし。

間違いなくまた聴きにきますが、夏は等々力以外のLIVE無いそうで残念。秋以降まで新しいアルバムでガマンします。

にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ファブリシオ獲得、代表に槙野と航

もう数日前ですが、噂になってたファブリシオの獲得が決まりました。

ここのところイニエスタだのトーレスだの…と聞いてれば物足りなくも感じますが、レッズの今の課題と問題を解決する最速最善の手だと信じたい。特に最速であることが重要です。

良い方の化学反応を起こしてくれることを期待します。こればかりは運もあるけど…


先日の流通経済大学とのトレーニングマッチの内容とかを見ると、4バックと2トップあたりは継続してやっていく雰囲気を感じます。
やはりオリヴェイラはこれが好みなんでしょう。

ファブリシオは2トップの一人を争う感じですかね。今のレッズの得点力を考えると、日本の環境に慣れていて、いつ合流できるか知りませんがチームに早くフィット出来る可能性の高い選手を選ぶのは分かります。
ロビールートではあるにせよ、中村GMには危機感があると感じます。より必要なポジションはサイドバックですが、戦術的動きがより求められるだけに、リスクが高いと判断したのかもしれません。
早めに合流して、いい組み合わせを早く見つけて欲しいです。


そしてワールドカップのメンバーが決まりました。槙野と航が選ばれましたが、航はガーナ戦にも出てないし意外でした。
彼のようなプレーヤーが重宝されるのは分かりますが、バックアッパー間違いなしなのは微妙ですね。であれば、レッズの新チーム構築に貢献して欲しかったのが正直なところ。

とはいえ選ばれた以上は、経験を積み上げて成長して欲しいかな。槙野、長谷部、元気とともに頑張って欲しいです。


そのガーナ戦の内容や選手選考に対しての批判がスゴいけど、今の西野監督に多くを求めるのはムダでしょう。
あのタイミングで監督を代えた協会に最大の批判が浴びせられるべきで、西野監督は上手くいったら儲けもの…ぐらいの気持ちでいないと。

スリーバックにしたのもたぶん岡田監督的成功を狙ってるように見えるし、むしろそれしか無いと思います。こんな短期間でポゼッション…とか攻撃的なフラット3とか……あまりにも無理無謀です。

あんなタイミングでは、それこそミシャにしてサンフレッチェとレッズの選手ばかり集めるとか、手倉森さんにして若手ばかり集めるとかの開き直りか、ハリルホジッチの選んだ選手を多くして監督交替ブースト狙いにするかのどちらかしかない。

で、後者を選んだ上に戦術を変えたんだから、そりゃこういうことにもなるよ。それは十分に想定出来る話。
こんな時に西野監督を批判しても何の建設的な話にもなりません。

今となってはACLファイナルの前に周作や慎三が呼ばれたのは何の意味もなかった。
あのタイミングとか、他にもあったタイミングでクビにせず、直前にクビにする意味が全く分からない。この罪の方がよっぽど重いと思う。西野さんは代表技術委員の責任を押し付けられてるだけに見えます。

堀さんどころではない泥かぶり役。もちろん優しく見る必要は無いが、感情的な批判は的外れ。喜ぶのはホントに責任がある人たちだけ。

こういう過ちを繰り返してるから代表やJリーグも進歩しない。航や槙野がいい経験を積めるか、心配です(^^;)

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村