美味しいLIVEを味わうDIARY

レッズのコト、音楽と車のコトをおいしく

NACKで大宮vs大分を見る20180715

今年3回目のNACK5スタジアム。今日もとにかくクソ暑い(x_x)なのでお昼くらいから夕方までは外に出ないようにして、17時過ぎてから家を出てNACK5スタジアムに向かいます。

さすがにこの時間なら少し涼しく、NACK5スタジアムのある大宮公園に向かう道はほぼずっと氷川参道なので、実際はかなり涼しい(^-^)
いや〜助かります♪

細めの参道をしばらく歩いて行くと二の鳥居があり、その手前にオレンジスクエアがあります。

ちょっと入ってみましたが、順大のタオルやグッズは売り切れてました…順大元気かな…

二の鳥居

ここからは大宮駅方面から歩いてくる観客と合流で人が多くなります。

三の鳥居

で、三の鳥居を見ながら右に少し道路沿いにカーブしていくと大宮公園の入り口があり、そこを入るとすぐにNACK5スタジアムがあります。


キャパは15,000人ですが、実際は12,000くらいでいっぱいですね。でも今日は三連休の真ん中ですが10,000もいってないです。

駒場が改修中はレッズがホームとして使わせてもらいましたが、当時も含めてここでやるレッズの試合はとにかくチケットが取れない(^^;)

だけどここのコンパクトさ、見やすさは捨てがたいなぁ。
今日はメインスタンドですが、バックスタンドの臨場感は最高です。柏のバックスタンドにも感じる素晴らしさがありますね。



なので、いつも新スタジアム構想が聞こえてきますが、この客入りでそれはないんじゃない?といつも思いますね。
首位のチームとの決戦、三連休のど真ん中…それで10,000いかないのはね…(^^;)まあ最近のレッズも酷いのはいつも言ってる通り(^^;)この2クラブは色んな意味で似てます。


スタジアムに入った時には金澤ともう1人の選手が西日本豪雨の募金をやってました。金澤はバンディエラですし、素晴らしいです。募金して握手しました。

で、NACKに来ればやはりココ。

このモツとかが入った2トップ焼き最高です(^^)埼スタにこれに勝るスタグル無いよな〜(^^;)


だんだん涼しくなるスタジアムで、これと生ビールをやりながら練習を見ます。サイコーのヒトトキですね〜(^^)♪

大宮のキーパーは笠原と塩田。順大はケガとかだったっけ?大宮のレッズにいた選手はもう順大だけ…のはず(^^;)


スタメン発表。大分は…ほとんど名前も知らない選手ばかり(スイマセンm(_ _)m)。丸谷がたぶん以前広島にいた選手で、松本怜マリノスで期待されてた選手だよね…くらい(^^;)
やっぱりJ3に1度落ちると色んな意味で大変なのが伝わってきます。よくここまで戻ってきました。

大宮はここのところ固定されてるスタメンと全く同じ。右から

GK 笠原
DF 酒井 山越 河本 河面
MF 茨田 大山 三門 マテウス
FW 冨山 大前

基本4-4-2サイドやや前目ですが、組み立て時は酒井がかなり前に張り出し、茨田は中に絞り、河面も中盤まで出て行くので、大山と三門でバランスを取ってるようですが、かなり後ろは手薄に見えます。
大前は左サイドを中心にフリーポジションで、組み立てに加わってきます。
なるほどそうやってポゼッションを高めて…と思ってたら、開始3分でいきなり中央のパス交換からマテウスがドリブルでペナルティーエリアに突っ込んで、横から止めてPKです。

ちょっと微妙ですが、マテウスのスピードに乗った突っ込みが笛を誘うんだよな〜と納得。
PKを大前が決めてあっさり先制です。

この後も、大宮がかなりポゼッション高くてちょっと一方的。振り回して相手のスタミナも奪いながら…やるな大宮と。
茨田とマテウスは頻繁にポジションチェンジして、相手を混乱させます。でも大分にとって危険な場面はそれほど無く、逆に単発でもサイド裏のスペースを使ったカウンターをいくつか受けたので、決めきれないのも…と不安もありで。

後半になると逆に大分ペースです。
両チームとも繋ぐチームですが、大宮が受けてしまったのか、中盤の丸谷へのケアがあまり出来ずサイドチェンジをけっこう使われて、どっちのサイドも後手な感じになります。

で、サイドを崩すときはオートマチックに動いてダイレクトを入れたりと、なるほど〜これが大分が首位にいる理由なのね。
前半は大宮が振り回してたはずなのに、後半動けてるのは大分だし。

ただ、最後が決めきれないのと、ちょっと不運もあってそのままタイムアップ。

大宮はしばらく負け無しでジワジワ昇格圏内に近づきますが、内容的には厳しい。パスサッカーだけど前で収まる選手がいません。
日本人+マテウスの機動力と組織力重視のサッカーの方が、地道に勝ち点を稼ぐにはいいと、石井監督は判断してるのかな。
外国籍選手に頼るタイミングを計ってるのかもしれません。去年まで主力の横谷、奥井、清水あたりも、最後のスパートに向けて温存っぽい匂いがします。やはりJ2では屈指の選手層の厚さです。


で、試合としてはとても面白かった。目の前の臨場感もあって、サッカー観戦の醍醐味バリバリでした。どちらのチームのサポでないのも楽しめる理由かな(^^;)

これからも、上位のチームとのNACK5対決は観に来よう。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村